ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

今日は授業参観。明日は遠足。

仕事から帰宅したら皆寝ている。
それはよいが、明日のおにぎりの具材はあるのだろうか?

明日はツインズがすごく楽しみにしている幼稚園のバス遠足。
国立公園と水族館まで足を延ばすらしい。
雨が降らないといいけど。
先日の休みに買ったお菓子を大事そうにしまっている。

風呂に入って乾燥機を回し、台所で洗い物を片付けつつ、
明日のおにぎりのご飯は?と、ふと思い出し無洗米を炊飯器にセット。
海苔と梅干し、おかか、塩昆布くらいはあるだろう。

午前中は長男の小学校授業参観だった。
ママが撮った長男の発表動画をつと眺める。

お灸をすえる。祖父の49日。

昨日は年末に亡くなった祖父の49日法要だった。
私は仕事を休めなかったので、
子どもたちが学校に行っている間に妻に行ってもらった。
祖父のことは、好物と一緒に思い出す。
夕方のクジラ肉の刺身や晩酌。相撲。
イチゴやランドセルのことなども。
ツインズ二男もまだ、死んじゃった○○おじいちゃんと口にする。

49日と重なるバレンタインデー。
もらってきた法要のお菓子とチョコで甘いもの一杯。

さて、先日の日曜日に森のイベントがあり、義弟夫婦と甥っ子2歳も初参加。
雪の降る中、焚き火しながら森の中で遊んで、甥っ子は抱っこされたまま寝ていて、
ほぼ地上に降りなかったらしい。
私も行きたかった…。

その帰りに事件は起き、仲良しの友人ママにツインズが悪さをした。
詳しくは書けないけど、ママが怒っても右から左なので、話を聞いた私が仕事から帰宅した夜に叱った。
特にツインズ二男は3度目、4度目の事件なので、お灸をすえる意味でも、翌々日に皆でお詫びに行った。

ダメと言われて、その場でさらに同じ行動をする気性というか…ある意味、考えてわざとやっている?(心理士さん談)
ママは本人が楽しくて名残惜しくて、のぼせ上がったのだろうと言うのだけどね。

ツインズ二男の不安定原因。

先日の買い物で、車の中でママを待っていたら、突然ツインズ二男が、お年寄りになりたくない!と泣き出した。
よくよく聞いてみると、死にたくない、怖いと言う意味だった。

あ…だから、ここ1ヶ月くらいパパ、パパと、ずっと甘えてそばに居たがったのだ…と腑に落ちた。
幼稚園にも行きたがらず、そばを離れるのも泣き出すくらいに。

子どもたちは年末の祖父の臨終、葬式、荼毘とずっとそばで過ごした。
お正月以降もツインズ二男だけはたびたび祖父の名前を口にして、いろいろと思い出してはたずねてきた。

そのたびに答えていたのだけど、毎日をやり過ごすままで、そこまでの不安を抱えていたとは気づかず。

そう言えば長男も3歳頃に、ママとパパが死んだらどうしよう、
自らの死の恐怖にも気づいて、どうしようもなく泣いていた時期があったねとママも言う。

精神的に成長している証とも言えるけど、気づくのが遅れて、ごめん。

先日は節分でしたね。

昨年は自宅で豆まきでしたが、
今年は神社で節分行事があるよとママが教えてくれたので、
近くのお宮に行ってきた。



極寒の中、子どもたちと40分くらい待って、空から降ってくる豆を拾う。
私は周りの興奮した大勢の大人から3人の子どもたちを潰されないようにガードして空間を確保するだけで精一杯。
そうなるだろうとは思って覚悟はしていた。
ツインズがずっと待てて、
かつ隣のおばさんの笑顔の肘鉄を食らって泣いていたけど怪我しなかっただけでよかった。



奥にある茶店でお茶とお饅頭を食べながら広げた戦利品。
ママも合流する予定であったが、
要介護の義父のショートステイ送り出しがあり、
施設側から急遽呼び出しもあって間に合わなかった。

療養の間に。

なんだかんだでほぼ1週間休んだ形です。
今日から職場復帰。
私の咳が止まらず、なかなか復帰の許可が下りなかった。

パパがずっと自宅にいるものだからツインズ二男が幼稚園行きたくないと大泣きして不安定になり、
あまりの寒さにガスファンヒーターをリサイクルショップから買ってきたり、
インフルエンザ感染を免れたママが今度はぎっくり腰になりかけたり。

通勤定期の更新ができず、自費で持ち出しのおまけ付き。
月末月初で仕事が貯まっているので、しばらくはバタバタになりそうです。

窓の外に雪が舞う。サンマが食べたい。

朝、幼稚園行きたくない病のツインズ二男に『目黒のサンマ』を読んであげたら、
晩御飯は脂の乗ったサンマがいいね~
夜の温泉に入って星空を見上げたいね~
と、マスク越しに意見が一致した。
ママが以前望んでいたらしい(あまり覚えてないけど)林間学校の廃校に泊まって五右衛門風呂に入るプランを実行しておけばよかった。

昨日から子どもたちが小学校と幼稚園に登校再開していますが、
今度は私がインフルエンザBに罹患して、今日からしばらく休養です。
予防接種していたためか40度越えはないもののやっぱりキツイ。

3人とも順番にインフル発症。

長男がインフルBに罹患して40度の高熱。
2日後にはツインズ次男に感染。
予定していた義父の誕生会を急遽LINEビデオ越しにお祝いした。

大活躍の医療用使い捨てゴム手袋を活用し、飛沫感染を避けて、盛大に嘔吐する物質を慎重に片付けていた。
風呂も歯磨きも手袋をして。

4日後、私も筋肉痛と険しい怠さに発熱。内科の検査で陰性。咳は出るものの一安心。

私が子どもたちを見るから、缶詰めのママに映画でも息抜きをと計画していたら、
その日からツインズ三男が発熱インフルB。
小児科と買い出しと二手に分かれて、行けなくなってしまった。

生き残りはママのみ。挫いた足がまだ痛いそうだ。
ほとんど飲まず食わずの長男は1週間経った今も、微熱あり。

小学校も幼稚園も学級閉鎖が多く、職場も毎日誰かしらが休んでいる。
一息つくにはもう少しかかりそうです。

鉱石展と友人との15年ぶりの邂逅。





ツインズは紫水晶の原石に入り、ママは前日の夜に足を挫いて歩けず。
8歳長男は隕石やオイル水晶を買ってご満悦。

鉱石展に行く前に友人と15年ぶりに会って話せた。
80代の親の介護と公務員の奥さんが2人目の出産と同時に実家へ帰ってしまい、2歳と1歳の子どもたちに会えない彼。
1年以上仕事が決まらないことが奥さんにとっての一番の悩みだったのだろう。

2時間半かけて高速を帰り、妻が歩けないので料理もできず、
子どもたちにはとりあえずカレーうどんを作って食べさせた。
さすがに翌日の仕事はヘロヘロだったけど、このあとの事件からすると、まだまだかわいい序の口だった。

朝が起きられない。









また朝が起きられない毎日。
仕事がしんどくてね。
人が辞めていくのに危機感のない上層部に対する無力感が一番しんどい。
辞めないように待遇や給与で手当てしないと。
来店者数は過去最高、売上は過去2番目になりそうな中で何とか崩れずに店舗が回っているのは、ある意味奇跡だ。
だからこそ破綻しないと上は気づかないのだろう。

写真は先日の休みに出かけた国立公園。
ほぼほぼサイクリングを2時間したようなもので、ツインズの補助輪付き自転車デビューだった。

お正月も終わり。

3日は休みをとり実家へ。
初七日でお寺さんが来てくれて、そのあと祖父の事故現場を見に行った。
知らせてくれた方にお礼を伝えたかったけど、そこは建築会社の資材置き場で誰もおらず。

来てくれた母方のおじさん宅にその後お邪魔して、東京から帰省した従兄弟やおばさん方に挨拶。
子どもたちも凧を作ったり、和ごまを回したり、お年玉ももらって楽しかったみたい。

従兄弟は転職して、奥さんが妊娠4ヶ月。

帰宅は夜になり、思ったほどの高速道路渋滞もなく無事に帰れた。
さて今日はクリアランスだ。

Latest