ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

船に乗る。






長男と私だけで申し込んでいたら、
艇が空いているからと、3歳ツインズもママも祖父母も乗って。
長男も一人艇を最後まで漕いだ。
30人くらいいたかな。

日焼け止めを忘れて行って、
顔が赤くやけどして、オールを漕いだ肩と手首が捻挫したみたいに痛い。

楽しかったけど、夜は動けないくらいの疲労感。
歳だね。

深夜3時につらつらと。

これは書きたいなと思うことも毎日あるのですが、
夜になると疲れて子どもの寝かしつけと一緒に寝落ちすることが増えてしまった。

近況を。

職場:上司のイライラにぶつかって、無言対応に切り替えることが増える。
他のスタッフも慣れてきたのか思想的な面を見せはじめて、
鬱的思考停止にはならずとも苦笑まじりに疲れることが増えた。

パパママ:4月上旬の長男と義母のそれぞれの誕生日会を開き、幼稚園の入園式参加。
妻は小学校PTAの学級委員になり、幼稚園も保護者としての役割担当が決まった。
休日に私が子どもたちを公園に連れ出し、その間に妻がお店の給与計算したりと、玉つき的にバタバタとしている。

じんましんの薬を飲み始めてから5㎏も体重増加があり、かゆみの中で断薬中。

子どもたち:先日の日曜日に妻と子で森のイベントに参加して、タケノコ掘り、木登り、沢カニ捕り、ヨモギ団子作りと楽しかったみたい。

二男:3歳9か月。療育相談にて軽い?多動もあり、毎月の相談会サークルでの子どもの様子を8月まで確認して、9月に面談をすることに。
特に二男自身の疲れた日は夜泣きがひどいみたい。
深く眠れないので朝起きれず、スッキリと幼稚園に行けない悪循環。
ドリフターズのお笑いコントを見ていると、長男、三男は笑うタイミングが同じで、二男は表情を変えずに見ている。
笑いのツボがちがうのか、視力の問題かと、テレビの近くで見せたりメガネをかけさせたりするのだけど、???
志村けんさんがもうすぐやらかすぞ!と事前にニヤニヤしはじめる長男と三男を見ていると、
発達とお笑いの関係性が気になる。


メールをくださった方も何人かおられ、いろいろとすみません。
日常の忙しさに気力を削られる毎日です。
子どもとの時間にはスマホを触りたくないし、平日は電車内でも仕事関係の書籍に目を通すか、疲労軽減のために何もしない時間をとっています。
ネット環境が変わり、夜間パソコンの前に座ることも月に数えるほどになってます。
なのでどうしても更新やお返事も滞りがちになります。
くださったメールの内容によって、こちらが悩んだとか負担になったとか、そういうことはありませんのでご安心ください。
何人かの方がご心配してくださり、却って申し訳ないです。

痛みと焦り。

いろいろと悩むところは尽きず。

長男とパパの関係性、ママと長男、二男と幼稚園、自宅にいる従兄弟と叔父…。
みんなイライラとしているのがわかる。

親の顔色を見る子になるのは心配。
どうなるのか、どうすればよいのか、回答がないままは毎日の時間が過ぎて子どもたちは成長してしまう。

焦りと混乱の毎日です。


メールをくださったSさんへ。
ありがとうございます。
そちらも仕事が決まるまでは、気持ちが休まらないですね。
そちらの桜は、もう満開を過ぎたかな。

雨の日の花見。

小雨の中、ショートステイの時間まで義父と。


病院で治療を受けた二男とママが合流して。


小雨が降ったり止んだりで、花見客も少なく、満開のさくらも重たそうだった。

三男は花より団子で腹を空かせ、公園でパンを食べる。
帰りに長男の要望で花屋さんで買い物。

途中からシャツを一枚脱ぐくらい気温が上がった。
暑くなると、疲労感が濃い。

長い午睡のあと、夕食を食べ、長男の誕生日祝い。
子どもたちが寝静まったあとに、子どもの洋服タンスの衣替えをした。
そんな季節ですね。

二男の療育相談することにしました。

先日、記事にした二男は、やっぱり療育相談することにしました。
妻の実家に連続でお邪魔したときの様子に考えるものがあり。
怒られる機会を減らすために、パパの膝の上にずっと抱っこすることが増えました。
乳児の頃の筋弛緩性、夜の興奮して寝つきの悪さや、朝の弱さ、疲れやすさと持続力のなさ。
知能面や機能面は全く問題なく、むしろツインズ三男よりも器用で良くしゃべる。
語彙も多く、文法も応用が利くので、こちらの心配はしていない。
妻も自分の生い立ちになぞらえて、この子にも過集中もしくは注意散漫の軽い発達障害を感じるらしく。
アプローチの方法を変えないと、怒られっぱなしで自尊心のない子になってしまうから。
まずは行政の門を叩いてみます。

先日の一コマ。
花見予定が、まだつぼみ桜だったときの長男の友だち、ママ友の公園での集まり。
知らない子も入って12人くらいの子どもたちとレクチャーしながら遊んでいたので、ママさんたちが驚いて、
義弟も、1歳半の甥の様子に私が気づくので、やっぱり3人のパパはちがう!と驚いていたけど、
一応、保育大出身の元プロですから。笑

一泊家族旅行。

先日の土日は家族旅行だった。
義弟に誘われ、私は休めないからと、はじめはパパ抜きを考えていた。
ただ妻に、長男とパパでの泊まりの旅行はさせてあげてないよと指摘されて、
それで職場にお願いして、2ヶ月前から連休を入れていた。



子どもたちに誘われ露天風呂に5回入る。
サウナは5分と我慢できなかったけど、昼間の露天風呂は貸切で快適。


夜はホテルでサプライズの誕生日ケーキとプレゼントもあり。

翌日は古い街並みを散策して、行列のパン屋さんや噂の燻製屋さんでソーセージを買ったり。
夕方前に妻の実家に義両親を送り届け、おいしいハムをご馳走になって帰った。
長時間の運転と車椅子の義父を階段で背負って腰が痛いけど、
なにより子どもたちが満足してくれたみたいでよかった。

3人の子を育てる近所の父子家庭。

妻が心配している。
2年生長男の朝の登校班。
同い年の女の子はいつも朝起きれずに、以前の登校班のときは、その子が来るまで班の子はずっと待ちぼうけだったので、
今年は時間に間に合わなければ個別に登校してくださいとなったそうな。

まあ、仕方ないんじゃない?と聞き流していたら、
近所のアパートで3人の子を育てる父子家庭の長女さんだという。

それを聞いた途端、男親の子育ての大変さが思いやられて、心配になった。
そんな私の気持ちを見透かして、
かわいそうだとたずねて行ったら、
それは結果的に毎日会う長男が一番背負うことになるんだよ?!
担任の先生がその子の手伝いをしてあげてと長男に頼むかもしれないんだよ?!
と妻がまた心配する。

毎日の夕食は用意されているのだろうか、
父親が帰宅するまで妹と弟の面倒はその子が見ているのだろうし、
どおりで近所に住んでいるのに、公園でも全く見かけないわけだ。

正直、この年代は地域の手ですくい上げなければ、そのまま落ちていくリスクが高い。
それをお節介に私たちが背負うの?と妻は心配する。
民生委員さんは知っているのか等、妻にもいろいろとたずねた。
昨年は子どもたちを連れて地域の会合にも参加していたらしい父親も、今年は姿が見えなかったと。
近所づきあいか役所に投げるか…。長男の友達になるだろう子だからね。

人事異動の季節ですが。入口のちがいは残酷ですね。

社の話でなく、百貨店のフロア責任者。

毎年、恒例なので慣れ切ってはいるけど、
入社3年目の若い社員さんが4人のうち、3人が異動して準責任者に昇格、一人は同じままという通知を聞いて、
あれ?と思ったら、薄々感じてはいたけど、正社員と契約社員のちがいのためだった。

1年目は新人の同列で、2年目は少し担当の違いがあり、3年目で完全に差がつく。

同期をみる本人が一番つらいだろうから、なにも言えない。

それは入ったときの採用のちがいなのだから、仕方のない厳しい現実。
頑張って仕事しているのに、やりがいという気持ちをそがれなければいいが。

シャンプーを変えてみた。子と私の脂漏性湿疹。

思春期でもないのでお洒落に目覚めたわけでもなく、脂漏性湿疹のため。
私だけでなく、三男も痒みと炎症がひどかったので、シャンプー変更。
オーガニック系の一番安いものではあるけど、
400mlで1900円くらいするので、以前と比べれば大幅に高い。

美容師さんに相談して、これがいいよという市販のヘッドスパと名の付くものも買ってみたけど
600円らいだったかな?
長男が臭い!と洗ったあとに嫌がって、効果のほどもあまり変わらず。
hs.jpg

それで刺激の強い化学薬剤が入っていないオーガニック系を調べて、
その値段の高さに驚き、とりあえず柑橘系のシャンプーを買ってみたら、
その日から洗ってすぐにサッパリとした髪質になって、
どの子の頭も、私の頭も、妻もいいねというので、もう2週間ほど使っている。

mint_shampoo.png
脂漏性湿疹が消えてしまった。

300円が
m.jpg
600円になり、1900円になり、1本あたりは高くなっているけど、
皮膚科の薬代を考えると、むしろ安くつく。

安売りのシャンプーはそれを維持するためには、
化学薬品の強力かつコストの安いものを使わざるを得ないわけで、
昔からずっと同じ銘柄を使っていても、昔と今では、原材料が違うのだろう。

安さに理由があるのは当然ですね。

一番怒られる3歳8ヶ月の二男。

ツインズ二男は、好きな絵の具の水彩やサッカーではある程度は集中出来るけど、飽きやすく落ち着けないので、ついフラフラ。
2歳頃はスーパーでもイヤイヤ寝転んでいたし、外食は食べ終えたら待てずにうろちょろするので、外へ散歩が必須。

そんな彼が図書館の図鑑を破いてしまった。
本を読んでいるときにわざとではないそうだから、妻には仕方ないと話した。
こちらで4000円の新しい本を買って図書館へおわびしよう。

3歳児の手の届くところに並べている意味があり、今回のように破損汚損のリスクも当然あり。
2歳前に三男も一度あるので2回目の事故。

昨日はその二男が、○○の夢はね~
ももいろのフラミンゴさんになってお空を飛ぶの!
大きくなったら…いや、鳥さんだから小さくなったらお空をパタパタと飛ぶの!
そしてごはんをパクッとたべるの!
パパも小さくなったらフラミンゴさんになって一緒に飛んでほしいな~と、ママに熱く語っていたそうな。

よく怒られるけど、そういう二男なのだ。

Latest