ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

授業参観とママの出勤。

先日の休みは長男の授業参観と二男の療育が重なり、
半ドンさせてもらった妻と二手に分かれて対処。
さすがに夕方の習い事送迎はキツかった。

3年生長男のクラスは、新任の先生なので2回目の授業参観。
手順を間違えたりして、かなり緊張しておられたみたい。

近所の父子家庭の姉妹は今年も同じクラスだった。
昨年配慮してくれていた担任は産休なので、今年はどうだろうと気になっていた。
その子の妹も新1年生になり、やはり遅刻しているらしい。

授業でコンパスを忘れたのか、持っていないのかわからないけど、参観中は同じ班の子どものママさんが手伝ってくれたり、近所のママさんらしい人が声かけたりしていて、ちょっと安心。

ただ、サポートの先生は別の女の子につきっきりで、初めその子と間違えたくらいに。
服装や身だしなみの様子から、どうもその子はネグレクト気味な雰囲気。

またか、やるせない…。

妻の復帰予定と、夕方の時間のやりくり。

今朝は5時に目が覚めて、ソワソワすると妻。

7時には長男を小学校へ、8時には義父をデイサービスへ送り出す。
ソワソワ感は、昨日の療育相談の帰りに元職場に寄って、制服を試着したからだろう。

妻の出勤日の夕食は私が作るか、出来合いの中食か。
長男の習い事送迎と重なる時間をどうするかが課題。
パパの休みとママの休みがちょうど重ならないので、みんな揃っての外出が出来なくなる。

今朝は私もなかなか起きれず、ちょっとキツかった。






写真はゴールデンウィーク始め頃のカヤック体験イベントです。

腰が痛い。就学援助。

就学援助の支給決定通知が届いてホッとして、
今朝は児童手当の現況届を書いた。

腰が痛い。
台所の洗い桶を高くしたら腰を曲げなくともよくなってだいぶ楽になったけど、座っているだけでも痛いからね。
フェア中だから、ムリしないようにしよう。

今日からしばらくは要介護4の義父を預かり。
ショートステイに2週間はさすがに義父もきついので、半分はこちらで介護。
義母がギリシャに行っている間は毎日、妻の実家の庭木の水やりもあり、来週からは妻の職場復帰、結構バタバタ。
極力早く帰らねば。


庭にはラズベリー、ブルーベリー、イチゴが実っているそうだから、今度取りに行こう。

気持ちがすくむ。黙祷。

新潟の五頭連山での親子遭難。

37歳の父親の上に6歳の子が覆いかぶさって発見された。
山の斜面に滑落したのか、沢伝いに降りようとしたのか。
冬に近い寒さと夜の怖さに凍えながら亡くなった父と子。
お子さんの苦しさを想う。

同じ年頃の子を持つ親として他人事ではない。

ご冥福をお祈りします。

平日の国立公園で森の中。











急に思い立って、幼稚園を休ませたツインズとパパで出かけたある日の一日。
森林浴が一番気持ちよかった。

今年もホタル。



先週は近所の子どもたちを乗せて、
今週は義父母を乗せて、夜のホタルに。

例年より思いのほか少なくて、護岸工事や天敵の繁殖でもあったのだろうか。
来週の休みの日があれば義弟おすすめの穴場にも遠出したいが、
仕事はフェアに突入してそうもいかず。

翌日から義母はギリシャ旅行に出かけ、帰国するまで義父は今週ショートステイ、来週はツインズパパ家で預かり介護。
ママのダブル介助になるのでなるべく早く帰宅したい。
仕事は旗艦フェアで難しいけどね。

ピクニック登山。









草花ハンドブックと自信。

今日のツインズ三男の寝起き第一声が、お花の図鑑はどこ?だった。

三男は7月で満五歳になるが、発達検査では半年から1年の遅れがある。
その子の個性として片付けられそうなくらいの目立たない遅れなので、
親としても上の二人の兄弟との違いがなければ気づかなかったかも。
心理士さんも4・5年生になったときに勉強に着いていけなくなって顕在化するレベルと言われた。

発達の遅れや障害は治療する病気ではないから、療育することで治すわけではない。
ならば、どんな意味があるのか?と悩んだりもした。
もちろん何もしないという選択肢はなく、親として精一杯工夫するけど、
それは二次障害を防ぐ意味合いが大きいのではと妻に指摘されて腑に落ちた。
その子の自尊心を育ててあげて、幸福感の中で生きていけるように。

まずは得意なこと好きなことを伸ばすこと。
以前から、外に出れば、このお花は何という名前?あの蝶は何?と尋ねられるので、
私は、蝶の名前は知識があっても、花の名前はまったくわからず。
なので図書館で草花のハンドブックを借りてきて、先日の山登りに持って行ったら、
片っ端から本を開いて調べ始めて、すごく楽しそう。

自信をつけたその勢いからか、昨日から140ピースパズルを時間はかかるけど飽きずにずっとやり続けている。
本当はね、和太鼓教室でもあれば一番力も気持ちも発揮できるのだろうと妻と話す。

上の二人とはちがう試行錯誤をしております。

嘔吐下痢と母の日。

ツインズ三男が嘔吐下痢となり、回復したら昨日から二男が嘔吐下痢。
水分を欲しがって、敷き布団に吐くの繰り返し。

今朝は回復した三男を幼稚園に徒歩で送った。
日差しも強くなり始めて、過ごしやすい日ももう終わりだろう。

昨日は、3年生長男だけ義弟夫婦に連れられて雨の中イベントの登山。
母の日の夜は、妻の実家で食事したようで、お土産にケーキを持ち帰ってくれた。

三男のちぐはぐさ。

ずいぶんと間が空いてしまった。
みなさんお元気にされていますか?

連休中で出かけることもしたいのですが、小売業はかき入れ時。
子どもたちには負担をかけてます。

今は三男のことを見るたびに、どうしたらよいかと毎日悩み中。
体が大きくなってきた分、言動や行動面の幼さが目立ってちぐはぐ。
言葉での指示が通りにくいので、やってみせるのだけど、本人の混乱も大きく見ていて可哀想になる。
極端な発達の遅れではないが小学校では支援学級になるかもと妻と二人で話している。

遊んでいるときも三人兄弟の中では埋もれてしまうし、同年代の集団ではなおさら。
三男だけを褒める要素をずっと探している。

Latest