ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

Archive: 2011年02月

企画書にあたふたとあえぐ。

 05, 2011

更新が止まってました。ご無沙汰しています。とりあえず、時系列で日常を記しておきます。【2月1日】課長との勤務。ある企画を各営業所向けに立案、アレンジするよう指示が出る。部長にも見せて許可をもらうからと、先日のトラブルの件と6月の人事異動前に心証を変えようと私に仕事を任せる課長らしい親心。【2月2日】休日。前日仕事を終えた夜に単身で実家に帰り、LANの設定をする。2月から母がパソコン教室に通うそうだ。...

悪いところを変えようとすべてを否定するのではなく。

 06, 2011

深夜3時に中途覚醒。もう、5時前か…。追加してもらった眠剤も哀しいかな効かないね。昨日土曜日は、午前中、カウンセリングで企画書の件を話し、気持ちが少しだけ軽くなる。小さいころからから良い子の自分、出来る自分を目指そう(演じよう)として、バカなくらいムリしてしまう。そんな自分を見つめて、悪いところを変えようとすべてを否定するのではなく、向上心につなげる一面のよいところも忘れず、肩の力を抜いて、ほどほど...

顔のむくみ(ムーンフェイス)。

 08, 2011

ステロイドを毎日常用して約2カ月。それでも直腸からの出血はあいかわらず。耐性が出てきたのか、潰瘍が悪化しているのか、効果がなくなってきた。ここのところ、「少し太った?」と、出勤のエレベーターで乗り合わせた他の階の売り場の人たちがよく言ってくる。マフラーから出た私の頬がふっくらと丸く見えるからだろう。でも、実際のところは体重は60kgラインをきって減少傾向にある。この顔のむくみ(ムーンフェイス)はステ...

食道ガン。

 10, 2011

昨日、お義父さんが日赤病院に入院し、今日、手術が無事終わった。これから2週間のリハビリ。早上がりの明日、帰りにお見舞いに行くかな。にほんブログ村 メンタルヘルスブログ...

久しぶりの家事をこなす。

no image
 11, 2011

夕方、お義父さんのお見舞いに行く予定が、妻からメールが入り、急遽延期。妻は急な腹痛と嘔吐で寝込んでいるらしく、総菜を買って帰宅した。部屋には布団から苦しそうに顔を出した妻と、怪獣となって野放しの長男がいた。いたるところに散らかった物を片付け、シンクにたまった食器も流す。子どもにご飯をあげて、「パパのパンツ」と引き出しから持ってきてくれたパンツを手に風呂に入れる。妻は食欲もなく、またノロか?!部屋を暗く...

今日は私がダウン。

no image
 13, 2011

昨日、土曜日の午前中、精神科と歯医者の検診までは、まだ余力があったものの、お昼にお義父さんのお見舞いに行くため、家族と合流してからは、気持ちも体も追い付かず、妻に子どもも任せきり。せっかくのお見舞いに行ったのに、疲れた姿を見せてしまった。お義父さんは点滴だけで、5日間飲まず食わずだそうだ。帰りの駅のホームで座り込み、途中で特急への乗り換えも立ちあがれず。昨日は妻が寝込み、今日は私がダメだった。夜ま...

35年ローンと終の棲家。

no image
 14, 2011

売り場に顔を出してくれる営業さんが、私と年齢や結婚・子どもも似た状況というのもあって、よく話すのですが、先日、彼が35年ローンでマンションを買い、銀行で生命保険に加入させられたという話を聞くと、ローンを組むこともできず、一家の主になれない自分が、とても甲斐性なしのように感じられて寂しかった。...

フェア販促の電話。

 14, 2011

フェアの来店促進のために、購買履歴のあるお客様に電話をかけている。当然と言えば当然なのだけど、当たり前のように「結構です。」と、取り付く島もなく電話を切られることが続く。それがボディーブローのように地味に凹んで、溜め息。気力がそがれる。立場を変えれば、たまにかかってくる通信会社のセールス電話の中の人の気持ちが、しみじみと感じられた。毎日何十件と大変なお仕事ですね、あの方たちは。されてわかる気持ち。...

80cmの大腸検査。

no image
 17, 2011

肛門から盲腸までの全大腸内視鏡検査が痛かった。長さ80cmの大腸の中で、ミミズのように這う異物(スコープの先)が、ずんずんと胸元まで上がってきて、「あぁ、お腹の赤ちゃんが蹴る感覚ってこんなかも?」と、痛みとともに思う。妻に話したら「胎動より生理痛に近いんでは?」と一蹴された。前日晩に下剤を飲み、当日の朝7時から2時間かけて2リットルの液体を飲み干す苦痛!生理食塩水を無理やり飲まされたような味(飲んだ...

行きたくなくて、重いキツイだるいと愚痴る。

no image
 18, 2011

朝、目が覚めたら、腰が痛くて、上半身が重いキツイだるいと愚痴っていたら、奥さんに「もしかして生理?」と軽くいなされた…。仕事行きたくなくて、時間ぎりぎりまで、奥さんに腰を揉んでもらう。なんだろう、この倦怠感は大腸検査の影響か?昨日の午後は、布団とトイレの往復で終わったし。職場についても、どうしても立っていることが出来ず、椅子にへたり込む。午後からは接客の忙しさにまぎれて、時間が過ぎた。帰り、なんと...

食道ガン手術、無事終わり、今日退院。

 19, 2011

お義父さんの食道ガン手術の経過が良く、予定よりも早めの退院。午前中、診察とカウンセリングを受け、そのまま車で病院まで迎えに行く。荷物を載せた帰りの運転は、居眠りしそうでちょっとヒヤリとした。隣のシートのお義父さんが盛んに話しかけてくれたけど。笑送ってすぐに帰るつもりが、妻の実家に帰宅したら、疲れてしまってすぐに昼寝。目が覚めたら夕方。ようやく疲れも取れたかと、リビングに出て子どもと遊んでいたら、3...

どうしてここにいるんだう。

no image
 22, 2011

わけがわからない。どうして自分がここに立っているのか。仕事たのしい?むなしい?空白。家族のため、子どものために。なのに、身体が動かない。思考ばかりが止まらなくて。自己実現に失敗した結果かな。職場のトイレでケータイより。...

肉体的な痛みは、心の痛みを一時にせよ忘れさせてくれる。

no image
 24, 2011

仕事を終えた昨晩、実家に帰省。もやもやした気持ちのまま帰れるのかと迷ったものの、決めることもできず、電車に揺られて着いた。今日の午前中、病院で90歳の祖母を見舞う。スキルス胃ガンで、余命1か月を宣告されている。モルヒネの点滴薬で、ぐっすり眠っていた。すっかり痩せてしまった小さな祖母に会えるのも、これが最後だろうと思う。そのまま駅まで送ってもらい、妻子と一緒に自宅マンションに帰る。荷物を置いて、近く...

トイレでお尻を拭けない。感情の空白。

 26, 2011

朝方は腰の激痛で、寝返りも打てず。自分でスーツも着れない状態で、トイレでお尻を拭けなくて困った。仕事では、立ったり屈んだりと、額に大粒の脂汗を流しながらなんとか休まず行った。1月にノロウィルスで病欠したばかりだから、今回は休めないと無理を押して行った。正直、泣きたいくらい休みたかったけど、勤務評価を間近に控えた恐怖と抑うつで体がきついときと比べたら、まだ痛みの方がましだと自分に言い聞かせて。今日は...

部長恐怖症。

 28, 2011

部長とケンカして、その後また一悶着あってから、すっかり部長が恐くなっていた私。営業所に電話するときも、部長がいるんじゃないかと予定表を確認したり、他のスタッフにかけてもらったり、腫れ物に触るようにして避けていた。昨日、今月の給与明細をもらい、見ていたら、有給を取得してないのに残りが減っている不自然さに気づき、過去の明細も見てみたら、いくつかのおかしい点が見つかり。なので、メールにしようかとも考えた...

本が読みたい。

no image
 28, 2011

ひきこもっていた頃は、本が唯一の社会との接点だったかも。暗い部屋で、好きな海外小説の文字ばかりを追っていた。体調のいいときは本も読めたのだけど、ここ半年ほどは、借りた本をカバンに入れて持ち歩いてはいるものの、一行も読まずに返すことが続いていた。今借りているのは宮部みゆきさんの『小暮写眞館』。図書館で予約していた本だから、期限もあるし延長もできないので、なんとか読めたらいいなと思う。...