ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

メールをくださった方へ、ありがとうございます。

sP8079525.jpg

メールありがとうございます。

そうですね、鬱って、まじめな人がかかりやすいといわれてます。

自分も人からまじめな方だといわれるので、おっしゃるように考え過ぎがいけないのかもしれませんね。

私の場合、正確な診断は、仕事内容や社会の人間関係に対する適応障害からくる抑うつ状態なので、

仕事を続ける以上、あるいは社会で人とかかわりながら生きていく以上、薬は手放せないと思います。

長男に対しても、ツインズ以上に接してかかわってあげなきゃいけないという、

一種の強迫観念みたいなものもあるのかもしれません、これもまじめに考え過ぎてるんですね。

おっしゃるように、鬱って言葉は安易に使われ過ぎていて、

ある種の言い訳になっている側面も否めないと思います。

ただ、私も今は状態がいいですが、過去ログにもありますけど、何年か前までは、

毎日が、鉛のように体がきつくて、仕事に行くだけで精一杯の頃がずっと続いていました。

今は子どもが成長して、責任感みたいなものが、いい方に作用してくれてるのかなと思ってます。

油断したら、途端にまた逆戻りしてしまうのが鬱の揺り戻しですので気をつけます。

メール本当にありがとうございました。また来られてくださいね。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest