ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

非日常のお正月から、日常の育児へ帰る。

sP1030419.jpg

昨日は、Uターンラッシュの渋滞に巻き込まれ、
21時過ぎにようやく帰宅できたら、お土産の山に埋もれて、
歯も磨かず、バタンキューで寝てしまいました。ふぅ、疲れた。

4歳の長男にとって、充実したお正月だったみたいです。
遊んでもらった大学生のお兄ちゃんにお手紙書くって言ってたくらいですから。

朝は、初売りで買ってもらった自転車をブイブイいわせ、
お昼は、私の母の里に行って、伯母や叔父、従兄弟たちと遊んでもらって、
初めての凧揚げにキャーキャー歓声をあげながら走り回って。
ツインズもみんなに抱っこしてもらっているあいだ、
私はソファーでずっと寝ておりましたw

夕方、義父の大学病院によって、
退屈でしょうがないと言うまで回復した義父を見舞う。

妻にとっても、お正月の非日常から、毎日の育児の忙しさに帰る日だったので、
とても名残惜しそうでした。

ふぅ、さすがに今日は体がきついや…。仕事、行ってきます。
関連記事

Comment

陸奥の防人  

消費上向きはムードだけ

消費マインド上向きは、ムードだけです。
持ち株の含み損が減ったからと、金が入ったような気になって、一部の人が金を遣い始めただけです。
百貨店を長年ごひいきにしていた客がお亡くなりになってしまう一方、次の世代は百貨店をごひいきにするほどお金が無いので、都心の小売店は苦しいです。ライバルはアマゾンや楽天商店です。

2014/01/04 (Sat) 09:38 | EDIT | REPLY |  

m  

No title

百貨店は訪問時の手土産や贈答品には欠かせない存在です
日用品のみ買う人は少ないでしょうがこれからは投資の儲けを高級店で消費する人が多くなると思います
お疲れ様でした これからもずっとですが・・・・

2014/01/04 (Sat) 17:31 | EDIT | REPLY |  

ツインズパパ  

コメントありがとうございます。

>陸奥の防人さん
確かに百貨店の顧客はお金持ちの高齢者層ですね。
金のない若者にとっては、百貨店の実店舗のテナントショップがショールーミング化している現実が、家電量販店並みに出てくるでしょうね。
アマゾンや楽天は強いです。
>mさん
一方、百貨店の包装紙の信用というかブランドは、おっしゃるように季節ものの贈答品に欠かせないものですね。きっと、物を贈る習慣が世代を超えて残って行けば、百貨店は必要とされると思います。確かにネットで買う日用品と、高級ブランド品はちがいますものね。

2014/01/04 (Sat) 23:24 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest