ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

導尿の実演と指導が入る。

ツインズはファミリーサポートの人に預けて、妻と義母さんが日赤に行き、

導尿の実演と指導を、泌尿器科の看護婦さんから教わったそうな。

時間の都合で、義父の導尿介助を実際にやるまではいかなかったみたいだけど、

導尿にはテクニックとコツがいる!との妻の弁です。

ドクターからは、今後の見通しの話があり、

今は一日6回の自己導尿ができているから、水分は制限せず、きちんと摂って、

膀胱と腎臓が尿でいっぱいになる前にスムーズな導尿ができるような習慣をつけましょう、

急性期は過ぎて、回復期に入ったので、リハビリの整ったほかの病院に転院して、

体力をつけてくださいとのこと。

あとは退院後の受け入れ態勢とリハビリを考えなきゃね。

妻にとっては導尿のサポートは抵抗がないみたいだけど、

義母さんにとっては、安全面なのか衛生面なのか、抵抗感ありありで、

見ているだけにするからと宣言なさったそうなw

導尿専門の看護婦さんがいるとは、さすが日赤だね。
関連記事

Comment

chocolate  

No title

いよいよ動き出しましたね。
それにしても、ツインズパパさんは義母さんのこと怒ったりしないんですね。
奥様もご自身の母親だからというのもあるかもしれませんが、こういう人だって割り切ってらっしゃるのかしら。自分の育った環境が常識じゃないってことですね。
体調が心配です。何か悪いことの前触れじゃないといいのですが。たまには息抜きしてください。

2014/03/11 (Tue) 07:40 | EDIT | REPLY |  

ツインズパパ  

>chocolateさん

そうですね、いよいよ回復したら同居か?というところまできました。
義母に関しては、過去のごたごたとその性格から、みんなあきらめてしまってるんです。

2014/03/11 (Tue) 18:18 | EDIT | REPLY |  

陸奥の防人  

病院の誰よりも速い

3km13分台のタイムは、お馴染み病院の誰も勝てないタイムらしく、誰も私にはリハビリの必要性を感じません。
患者が馴染み病院のユニフォームを着てマラソン大会に出場するなど有り得ないので、マラソン大会に出てくれとも言われません。

2014/03/11 (Tue) 19:02 | EDIT | REPLY |  

ツインズパパ  

>陸奥の防人さん

自衛官らしく、鍛えてらっしゃいますね!
私も球技はからっきしダメでしたけど、マラソンだけは得意でしたよ。

2014/03/11 (Tue) 23:06 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest