ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

要領を得ない話ですみません。

昨日の日帰り旅行の疲れか、体が重い上に腰が痛くって参った。

幼稚園から帰宅した長男がめずらしくパパに、また行こうねとお手紙をくれて、
よほどうれしかったんだなと実感したしだいです。

さて、義父のこと。

義父の住居は高齢者マンションにあり、そこには住居棟と介護棟に分かれていて、
介護棟に看護士さんやケアマネさんが常駐している。

今日、その看護士さんとケアマネさんとの話し合いがあって、
妻と義母さんが行ってきた。

今後、義父が退院したとして、週の半分をツインズパパ家で、
残りの半分を高齢者マンションの住居棟で
義母さんが泊まりこんで過ごすと想定されているんだけど、

施設側は、42℃の高熱が出た場合、導尿等、住居棟では対応できないので、
介護棟に部屋を移ってほしいという。

ただ、高熱が出たら病院に即入院となるので、
介護棟に移ったからといってどうなるものでもない。

介護棟で出来ることといえば、食事の介助と入浴の介助くらい。
あくまでも要介護の認定を受けた介護保険の範囲での対応でしかない。

義母さんはこの期に及んでも、看護士さんを雇って毎日の体調を管理してもらったらと、
どこからそんな金を持ってくるのかと夢のようなことをいうばかりで
自分がするとはこれっぽっちも考えてないらしい。

今日の話し合いで結論は出ず、
とりあえず様子を見ながら実際にやってみるしかないとの話だった。

繰り返す高熱に、移植腎を取り出して、人工透析に戻るしかないのか…
本人の気持ちが一番つらいかも。

要領を得なくてすみません。
関連記事

Comment

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/04/11 (Fri) 07:35 | EDIT | REPLY |  

ツインズパパ  

>鍵コメさん

どうも、はじめまして。
こちらこそよろしくお願いします。^^
お父さんが入院中なんですね、お互い家族の介護は大変ですね。
本人もつらいけど、介護する側も負担が計り知れない。
各人の思惑がいろいろあって、折り合うのが大変です。
どうなることやら。
ぼちぼちやりましょうね。

2014/04/11 (Fri) 23:50 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest