ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

お盆に親戚と会って喜んでもらえたけど、しんどい。

いやー、カラダが重くって朝からキツイ…。
やっぱり親戚とはいえ、たくさんの人と1日一緒にいるというのはしんどいなぁ。

もちろん、引きこもってた10代20代の頃は、
参加して顔を見せるなんてことも、ありえなかったんだけど、
結婚して子どもが生まれてからは、
これから世話になることもあるだろう3人の子どものためだからと、
機会を見つけて行くようにしている。

お盆の集まりは母方の実家で、叔父さんや叔母さん、帰省していた従兄弟がそろって、
1歳のツインズと5歳の長男をお披露目するような形になった。
みんなが世話を焼いてくれるので、私は話しにうんうんとうなずいたり返事したり。
叔母さんが新聞紙で作ってくれたボールとバットで長男ははしゃぎ、
寝てしまったツインズを預けて、長男と妻の3人で海を眺めに出かけたり。
お土産をどっさりと頂いてきた。

夜、車の中で長男が大泣きして、明日もお出かけしたい!と涙が止まらず。
私の実家に妻子だけ帰して5日間、毎日楽しかったのだろうな。

帰りの道は、高速が終わりの見えない大渋滞でのろのろ。
腰がしびれて、長時間の運転は体がつづかない。

それにしても…しんどいです、ホント。
この疲労感は運転の疲れもあるだろうし、いろいろと気を使いすぎたのもあるだろう。
休めないのでひーひー言いながら出勤したんですが、もう一日休みがほしかった。
寝ていたい。

ケータイより。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest