ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

幼児の習い事と親の送り迎え、月謝。

5歳の長男ですが、習い事が決まり、
4月から子どものための造形・美術教室に行くことになりました。

といっても、将来美術大学に行かせたいとか、デザインの道に進ませたいとか、
そんな気持ちは0なのです。
特に絵は苦手みたいで、授業参観でもとなりの子の絵をまねながら、
丸写ししたかのように同じ構図の同じ絵を描いているものだから、親としては苦笑いでした。

たまたま妻が幼稚園のママ友さんに誘われて、
1年前に体験教室に行ってみたのがきっかけ。
知らない小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんばかりの教室に、
引っ込み思案の長男が行って、はたして大丈夫かと心配したものの、
トントンカチカチ釘を打つ金槌やノコギリを上手に使うみんなの姿に、
憧れと恐れのまなざしで、帰りたがらなかったとか。
ここは少人数の教室で1年待ちの状態。このときは諦めてました。

日々忙しくて、すっかりそのことは忘れていたのですが、
クラスを卒業する子が出て欠員が出来たからと電話があり、急遽決定。
料金も月2回で3800円と安心なのです。

以前から妻は体作りのためにもプールに通わせたいと、
仲良しの子と一緒に行けるよと何度か進めたみたいなのですが、
本人は潜るのは嫌だと断固拒否。
英語教室に行きたいと言っていた時期もあったものの、
ツインズの1歳児がいると、長男だけを送り迎えする時間と人員の確保が難しく、立ち消え。
私も食の細い長男には空手や柔道がいいのだろうかとか、
サッカー教室かと考えたこともあったのですが、
本人の意思と関係なく決めてしまうことへのためらいと、
月謝を考えると金銭的な面で躊躇して、延び延びになっていました。

長男は自分で材料を集めて、ロケットを作ったり、指輪を作ったり、船を作ったりと、
それだったら2時間でも集中するくらい工作が好きなので、
今の時期は好きなことに熱中させてあげられたらと思います。

ただ、小さいうちは親の時間的物理的な送迎がネックになるんですけどね。
その日は夕食は作れないことを前提に、とりあえず人手を確保してみます。
関連記事

Comment

陸奥の防人  

私立は無理?

子供を私立にやる自信が無くなりました。妻は「このために貯金があるのだろう」と言ってくれますが、もう働けません。復職は絶望的です。

2015/02/20 (Fri) 15:35 | EDIT | REPLY |  

ツインズパパ  

陸奥の防人さんへ

私立に行けなくとも公立がありますよ。勉強は子どもたちに頑張ってもらいましょう。奥様のおっしゃる通り、そのための備えですから。奥様からの理解と援助があれば、いずれ時間とともに回復しますから、今は悲観的にならずに。

2015/02/21 (Sat) 01:15 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest