ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

先回りして予測することと、根気よく待つこと。

ツインズの弟くん、気に入らないとガンガン頭を打ちつけたり、自分のお椀を投げたり毎日が大変だったのですが、全くしなくなったわけではないけれど、かなり回数が減ってきました。

一つは、ちょうだいの言葉と身振りを覚えて、意思表示することができるようになったこと、
もう一つは月齢が進んで、投げる前に自分で一呼吸葛藤して待てるようになったこと。

ただそのタイミングを逃さす、指差しなりの意味を汲んであげないと、10秒もたたずにバンバンとやり始めます。

私は仕事柄の習慣があるので、ツインズを見ながらも長男は何しているかなとか義父はどうしてるかなとか、同時進行で見るんですが、妻は家事に忙しく、ツインズの前についても、え?ご飯がほしいの?水?わからん!と言っているうちに、ままお椀を投げられて困ってます。

先回りして予測するのもまだ1歳児だから必要だけど、5歳の長男だと、逆に出来ていないことも根気よく待ってあげて、あまり先回りしないようにしなきゃいけない。

好き嫌いを助長してはいけないのでツインズの要求通りにできないところが難しいですが、なんとかママさん頑張ってね。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest