ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

保育園と幼稚園の行事が重なり。

ただいま17時過ぎ。
6歳の長男を実家まで送り届けた帰りの電車です。
長男は明日までお泊まり。

今日は長男の幼稚園では特別保育(料理作り)があり、
ツインズ2歳の保育園では保育参観日でした。

昨年の0歳児クラスでは泣いてばかりだったツインズも、
1歳児クラスではちゃんと待てて、食事のお椀も投げず、笑顔もそれなりに見えました。

ただ27人の1歳児に先生は5人?とびっくりしたけど。
一斉に保育するには1クラスに27人は多すぎ。

6つのテーブルに5人の先生では、当然手当てできない部分も多くなるし、
排泄トイレも食事も27人が順番にするので、
時間がかかり1歳児は飽きて待てず。

隣の教室を眺めると、
同じ人数の2歳児クラスや下の0歳児クラスは
落ち着いてクラス運営していたから、
成長度合いが本当に大きい。

さすがに食事のときは先生が2人応援で入っていた。

教室の確保やトイレの設備等、難しさはあるけどと、
私はついついそんなことを考えてしまうし、
妻は妻で気難しいツインズの弟くんが、
忙しそうな先生に相手してもらえなかったり泣いたりしていたので、
3歳まではやっぱり家庭で見てあげるべきなんじゃと悩んだり。
ツインズでなかったら、ちがっただろうけどね。

これから帰宅してツインズを風呂に入れます。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest