ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

巣立ったカブトムシとツマグロヒョウモン。




15匹ほどのカブトムシは幼稚園のお友だちと体操教室の先生の手に渡り、
奇形で生まれたオスとメスを世話するのみ。

世話していたママもホッとしていたら、幼稚園の庭にいた蝶の幼虫を長男がもらってきて大慌て。

スミレの葉っぱばかりを食べるのに、
花屋さんや量販店の店先にはこの夏の時期にパンジーの花も葉っぱもあるわけがない。

妻の実家の庭でかろうじて見つけたスミレを植え替えて餌にした。

育てきれないで虫を飼う現実を知るのも必要かなとも思うけど、
餌がないのに子どもにあげる幼稚園の先生もどうかなと思う。

キャベツを食べるモンシロチョウや柑橘類のアゲハチョウなら私も飼育の経験があるけど、
今の時期のツマグロヒョウモンはちょっと難易度高め。

ツインズパパの小学生時代は毎年夏に先生に連れられて蝶の採集をやっていたので、
今も何冊かの学術辞典が捨てられずに残ってます。
関連記事

Comment

陸奥の防人  

凄い内定率

今年の大卒予定者就職内定率は良くなったとはいえ7割程度、これを超える内定率は凄いです。寿命1年程度の昆虫さんでは、大学院進学で就職先送りができません。

2015/08/08 (Sat) 10:31 | EDIT | REPLY |  

ツインズパパ  

陸奥の防人さんへ

貰い手があってよかったです。
博士号とっても、企業ではむしろ敬遠されるところもありますからね。難しいです。

2015/08/08 (Sat) 15:54 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest