ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

2歳児が無言で楽しむ森。

現在深夜2時。

水害の状況があるので、天候次第では中止になるかと危ぶまれたけど、
今日は近隣の幼稚園の先生主催の自然の森イベントで、6歳の長男が楽しんだみたい。
隠れ家作りや虫取り、木の実で遊んだり、木登りしておにぎり食べたり。
いつもママ友さんの好意で長男だけが連れて行ってもらっていた。
今回は義父がいないのもあり、ママとツインズ連れの参加。
2歳児があちこち動き回って途中退場とならないかと心配していたけど、
先生が子守を手伝ってくれたそうで、ツインズも一日集中して遊んでいたそうな。


という、楽しそうな報告を聞いて、
実は…車をバックでぶつけたという自損事故を聞いて…。絶句。
まだ前回の駐車場で事故を起こしてから半年たっていないような…。
今回は相手がいなかっただけ、よかったと思うしかない。
修理代がいくらになるのか、夜中に帰ってきたので、まだ車を見るに至ってないけど、
妻に車を運転するなとは言えず、半期に一度のボーナスみたいに修理代がかかる恐ろしさ。

昨日は養蜂場に行ってはちみつを舐め、
長男は蜜蝋のロウソクを作り、妻が行きたいという近くの観光農園でリンゴ狩りをして。
果物狩りはとにかく収穫しただけのお金がかかるので、ない袖はふれず、
子どもたち3人にそれぞれ2つずつまでと制限をかけた。
2歳児にとっては目の前にたくさんの実がなっているのに
2個しか掴みとれないのはすごくストレスになり、長男も梨がよかったーと不満を漏らし。
ブドウと合わせて2300円だったので、行楽としては安く抑えられたと言えても、
子どもたちが楽しかったと思えないのなら意味はなく、
私も初めてのリンゴ狩りだったけど、結局後悔しかなかった。
関連記事

Comment

一歩  

No title

外出が苦手だった私は子どもの頃に駄々をこねて、よく両親を困らせました。
今ならもっと出ていくでしょうが。
気休めのにもならないかもしれませんが、「今」は不満を感じた休日の出来事かもしれませんが、実をとった体験、自然から感じたこと、家族と過ごした時間はお子さんに何かを残すような気がします。
何よりそういった時間を過ごさせてもらった記憶も。
いつか、大切に育ててもらった記憶の1つになるようにも思えます。

2015/09/15 (Tue) 23:25 | EDIT | REPLY |  

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/16 (Wed) 20:53 | EDIT | REPLY |  

ツインズパパ  

コメントありがとうございます。

一歩さんへ
子どもたちは外へ遊びに行きたい!と毎日訴えますから、一歩さんは相当お家が過ごしやすかったのかもしれませんね。
果物狩りも、木から生った実を採る体験は私も大事だろうと、妻が行きたがるのもあって連れて行ったのですが、持ちきれないほど採る経験ならいざ知らず、2個でおしまい、あとは我慢で帰るよというのは、小さい子にはちょっと酷だったようです。
お金がないから仕方ないのですけどね。それなら連れていくべきではなかったかもと自問自答しています。
鍵コメさんへ
お久しぶりです。
筆記試験合格おめでとうございます。何はともあれ実技も通ったら、働いてみられることだと思いますよ。案ずるより産むがやすしとも言いますしね。
毎週週末に遊園地に連れて行っているみたいなものだとは、鋭いご指摘ですね。
私自身も結構休日の予定が詰まっていてアップアップではあり、自分でも感じています。
子どもの園の行事もあり、季節のイベントもあり、無料の子ども向けの会なんかを妻がよく見つけてくるので、なるべく行かせてあげたいなーと参加しています。
お金がない分、できることをいろいろしてあげたい気持ちがありますからね。
大学の学費や仕送り!を考えると男の子3人なので、どうしようと目の前が真っ暗になりますし、親の遺産を前借りでもして用立てることくらいしか思いつきません。現実には来年の値上がりしたツインズの保育料も危ないので、来年はほぼ退園を考えています。このことはいずれ記事にしますね。

2015/09/17 (Thu) 02:10 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest