ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

6歳児が夕食の準備と世話をして寝てしまっていた。妻が寝たきり。

すでに深夜2時。
閉店間際までお客様がいたので処理が追いつかず、ケータイの着信に気付かず。

21時過ぎに電話してみたら、長男が大騒ぎ。
ママが大変だったんだよ!
起きれないから、僕がツインズを椅子に座らせて、エプロン着せて、
みかんとかバナナとか、ご飯を出して!
僕もお代わり4杯もしたよ!

昨晩に妻がおう吐下痢症にかかったらしく、吐き気が止まらず、
今朝は出勤前に私が子どもたちの世話をして妻は寝ていた。
寝てれば治るし、夕食は温めて食べさせるし、
義母に知らせるのはいろいろと面倒と言う。

そうは言っても昼間に熱が出て、子どもたちは迎えに行ったものの動けなかったらしく、
夕方からは6歳の長男が寝床のママから指示を仰ぎながら、
電子レンジでご飯を温めて、缶詰の混ぜご飯を作って弟たちの世話を焼いたらしい。

慌てて帰宅途中で義母に電話を入れてヘルプ依頼。
帰宅したら長男は疲れて寝ていたので、起きていたツインズを寝かしつけ、
晩御飯を食べ、ふろと洗濯したら、もうこんな時間。

普段しない家事に慣れないものだから、
炭のお釜でお米をとぎそうになったり、
残り物のカレーをパスタにかけて食べたけど、
二人分の麺をゆでたものだから食べきれずに困った。

明日はいつもより1時間早く家を出て、子どもたちを保育園と幼稚園に送らなきゃいけない。
何より長男のお弁当を作らなきゃ。
眠い。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest