ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

滑る。

月末月初の深夜残業をこなした休みの日。
スケートリンクの無料開放に行ってきた。
初心者教室の講習もあったので、一緒に来た長男の友だちも帰りには見違えたように滑れるになって、子どもの上達は早い。
パパももちろん滑りたかったけど、3歳ツインズがいたので、待ち時間に妻と交代で公園に連れ出したり、
出発自体も義父のショートステイがあったので、妻が遅れて来るお昼過ぎまで長男たちと滑る余裕はほとんどなくあきらめた。

スケート靴のきつさは初心者にはすごく痛いもの。
だから子どもたちの元気ももって2時間かなと読んでいたけど、結果としてはエキシビション休憩を何回かはさみながら、6時間くらいリンクで過ごした計算になる。

三輪車レースや宝探しゲーム、アイスホッケーにフィギュアスケートなどテレビ局の取材も入って盛りだくさん。
あと2年くらいしたらツインズも楽しめるかもね。

横断歩道を渡って公園にツインズを迎えに行くときの空が青く、休みの日に長時間の活動が出来るようになった自分の体に今更ながら気づいた。
回復なのか順応なのか。
その分、長男の小さい頃にほとんど相手をしてあげられず申し訳なかったと思う。





拍手の鍵コメントSさんへ。
こんばんは。ご夫婦で大変ですね。支えあえる面もあればお互いに疲れるときもあるでしょう。
何年も病気が続くと先が見えませんが、空の色を見上げる視線は大切な時間だと気づきます。
わざわざコメントいただいてありがとうございます。
これからもよろしくお願いしますね。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest