鬱と育児と仕事の日々。

状態はよくない。

昨日は母のお見舞いに行く。
この10日間で急に寝たきりになり、
目を数秒開けるのがやっとの母を見て、弟が言葉をなくしていた。
母方の実家で叔父叔母、従姉妹とお盆を迎えた。

今日の夕方、骨髄検査の結果が判明したらしく、明日の午後、主治医から父に話があるらしい。
なので叔母に電話をかけて、立ち会ってもらえるよう私が頼んだ。

父は強い人ではないし、状況を傍観するしかないという諦めが先に来て。
最悪の場合、父が受け止めきれるかという心配もあり。

今日、親戚の内科医に検査の経過書類を見せたら、かなり危険な状況らしく驚いていた。
自己免疫疾患なのかウイルス性なのかによるけど、マクロファージ異常の可能性。血球貪食症候群。
転院元の総合病院には知り合いの医者がいるから電話をしてみようかと言われけど見送った。
そこで対応しきれず専門の血液内科に運ばれたのだから。

不幸は重なるもので、今朝は母の従兄弟も亡くなったそうだ。
父は母に付き添いたいからと、お通夜に行く元気もなかったと叔母が話していた。

楽観的な気持ちと悲観的な気持ちが交差する…。
確実に明日は来るのだ。
関連記事

Comment

Add your comment