鬱と育児と仕事の日々。

母は退院の目処が立ち。今度は子どもたちが…。

昨日の深夜、実家に帰り、今朝、母のお見舞い。
まだ自力でトイレには行けないものの、お粥も全部食べ 、会話も普通にできるまで回復。
血液検査の結果も正常値に戻りつつあるので、ドクターからも今月中の退院の話が出た。

海外から一時帰国している広島の叔父叔母が来てくれたので実家のことは任せて、バタバタと帰宅。

昨日から2年生長男が熱を出したのでママと残して、帰省したのは私とツインズのみだった。
先日も妻は義父の介護があったので、子どもたちと私だけだった。

帰宅して夕食を食べて、過ごしやすくなった夕方にツインズを公園で遊ばせていたら、
二男が遊具からコンクリートに落ちて右目の眉毛あたりに4センチ近い裂傷。
抱っこした私も血だらけになりながら、連絡したかかりつけの病院では、看護婦さんが帰ったあとだったので、応急処置のみで明日の朝一の再受診となった。
傷口が大きいので、一人での処置はムリみたい。
傷跡も残るだろうが仕方がない。

そんな最中に長男は自宅で嘔吐するし、落ち着かない状況が続く。
母の重症感染症のこともあるので、一抹の不安はあるものの、多分アデノウィルスプール熱だろう。

今晩、妻はお店の給与計算で徹夜。

職場に連絡を入れたので、明日は出勤前に妻が形成外科、私が小児科に連れて行く。
顔を縫う処置はとても直視できそうにないので、二男は妻に任せる。

いろいろと立て続けに起きて、苦笑いしか出ない。
落ち着かないね…。
関連記事

Comment

Add your comment