鬱と育児と仕事の日々。

療育相談でのツインズ二男。その後。

一昨日はツインズ二男の療育相談の日。
妻と4歳ツインズが参加。

課題は今後の叱り方について。
今のまま叱って止めさせる方が良いのか、気を引こうとする行動なのでスルーするべきか。
解決策がわかったというより、悩みが深まった感じはある。

現状、二男は兄弟を足で軽く蹴ったり、棒で動物を突いたり、ダメよ!と言われたことをその場で2度3度と繰り返すので、そうなる前に叱って止めさせる。

療育の集団の中でも興奮して止まらないのではなく、ある程度冷静に周りを見て、次の予測や様子がわかった上で大人を試しているらしい。
大人の次の行動を先読みして、わざと集団の流れを壊すところがあると。

妻は、小学校に上がる前にわかってよかったのではないかと、相談員に声をかけられたそうだ。

バタバタと多動的な落ち着きのなさはようやく減ってきたけど、外面と内面の落差。
知能面の成長と逆に、本人の精神的葛藤や抑制が利いていない面も垣間見えて、
これが成長とともにどう変化するのか、私よりも妻が心配している。
関連記事

Comment

Add your comment