鬱と育児と仕事の日々。

残るも地獄、進むも地獄。

会社の状態は残るも地獄、進むも地獄。

ただ10年後の時点で倒産したとき、3人の子どもたちはちょうど大学生、高校生。
私が52歳での転職はまず無理。
だから先を見据えて早めに動くことにした。

売上の良い営業所に乗っかるのでなく、現状の赤字を流している3割の営業所立て直しが急務。

チームで今後の方向性も含めた変革案を出して試行錯誤しているが、来年定年の役職者と5年後定年の役職者が、変革を煩わしいと心理的な拒否。

百貨店に出店する業態は、5年後10年後の見通しが全く読めないので、今のうちに動ける体力をつけないと真綿で首を絞められるような自然死を迎える。

若い新しい営業部長の下で体制や方針が転換できたら残る意味もあるが、まず無理だろう。

確率は五分五分。
本当に残るも地獄、進むも地獄。

同僚たちが先に動き出したので、旗艦店の主力メンバーがごっそり抜ける形になるかもしれないが仕方ない。


7月中旬の長男と出勤前に行ったお祭り。
関連記事

Comment

Add your comment