ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

深夜、子どもの40℃の高熱。



帰宅してスーツを脱いでいると、
ピンポンとチャイムが鳴り、階下の住人がいた。
あたふたと服を着て、町内会費を渡した。

直後、髪にタオルを巻いたまま浴室から出てきた妻に怒られる。
「扉を閉めて、ネコを見えないようにしていた?
 鈴の音がしたから、わかったかもしれないよ。」
急な対応に手いっぱいで、
内緒で飼っているネコのことは、すっかり頭になかった私。

風呂上がりの子どもを抱きあげて、
すぐに船をこぎはじめた彼を床に寝かせた。

「いつもこんなだと楽なんだけどね。
 今日は何かあったの?いっぱい遊んだとか、ずっと抱っこしていたとか。」
おとなしく、すぐに寝てしまった子どものことを夫婦で話していると、
パパと呼ぶ子どもの声がして、
さわってみると、やけどしたかのように体がとても熱い。

すでに時間は23時、
息づかいが荒く、脈がとても駆け足で40℃の高熱。
気づくのが遅れた。
急いで、熱さましの座薬を与え、脇の下にアイスノンを挟む。

深夜2時、39.5℃。
2度のおう吐とガタガタ震える様子に、熱性けいれんかと心配になり、
小児救急医療センターに電話する。

「何度か吐いても、水分を自力で飲めたら朝まで大丈夫、
 飲めないようならすぐに病院へ。」
との助言で、お茶を飲ませて、朝まで様子を見る。

朝8時半、近所の小児科に連れて行き、
込み合う待合室にママと子どもをおいて、
私は電車でメンタルクリニックへ向かった。

メンタルヘルスブログランキング
関連記事

Comment

adelade  

お子様の具合心配ですね。元気で暴れれば手がかかるし、具合が悪ければ心配するし、子どもというのは、大変ですね。しかし、それが親と言うう自分の、ある意味生きがいになっているのかな、と思う時があります。

2010/11/28 (Sun) 15:27 | EDIT | REPLY |  

ツインズパパ  

>adeladeさん

こんばんは、コメントありがとうございます。
そうですね、子どもの相手をするのは大変ですが、にっこり「パパ」と求められたら、嫌な顔はできません。
親であることに生きがいを見いだせるのも、ようやくここまで来れたのかなと思いが強いです。
子育ては大変だけど、子どもは生きがいですね。

2010/11/29 (Mon) 23:19 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest