ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

妻にヘルプコール。リスパダールを持ってきてもらう。

朝5時に目が覚めて、布団の中でごろごろ。

今日は仕事に行きたくないわけではなかったのに、
電車に乗って、思い出したくない過去の記憶に揺られていたら、
急に全身に重りをつけたような倦怠感で、屈みこむ。

職場についても、山のように積み上げてある今日の業務と
午後から来店されるクレーマーさんへの対応に、軽くパニックになり。
たまらず妻にヘルプコールをかけ、頓服のリスパダールを持ってきてもらう。
これほど強い薬はもういらないだろうと、財布から外していたのだ。

接客に追われて時間が過ぎ、16時頃、妻から薬をもらって飲む。

リスパダールを飲むと、頭がポワンとなって考えなくなるので不安もなくなる。
体のダルさ、きつさはあるけれど、焦燥感や不安感が取れるので楽だ。
ただ、薬を使わず、不安や焦燥感を前から受け止めて原因を考えないと
いずれ同じことの繰り返しになってしまう。
わかってはいるのだが、
仕事を犠牲にして感情と向き合う余裕は、今の私にはない。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest