ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

感情が吹っ飛んだ。

人間の感情や生活、ひいては人の一生さえも、
天災の前ではなんと無力でちっぽけなんだと思う。

昨日は朝からリスパダールを飲んで、だるさに負けて一日が終わり、
今日は薬を飲まず、
焦りと不安でパニックになりそうな予期不安につぶされかけていた。

そこへ地震と津波のニュースが頭へ飛び込み、
感情が吹っ飛んだ。

思えば、阪神大震災のとき、私はちょうど20歳になる前で、
光るブラウン管を見つめながら、被災地に駆け付けたい思いを抱くばかりで、
暗い部屋にひきこもっていた。

現在の混乱した政治に甚大な災害が襲って、
わずかな明るささえ見えないこの国の行く末はいったいどうなるのだろう。

今世界では中東のリビアで内戦が起き、
エジプトやチュニジアでも国民が自由を生活をと闘っている。

チボー家のジャックやロランのアンネットが、今の日本にこそ必要な人だろうに、
誰も、どこにも人はいない。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest