ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

雨音が降りてくる。



昨晩は雨が降りしきる中、収入について果てなく考えていた。

知人の調理師さんは、収入が10万そこそこの見習いのときは、
昼の仕事と夜のアルバイトを掛け持ちしながら10年近く生活していた。

別の知人も主婦ながら家計の為にと昼と夜のアルバイトを掛け持ちしていた。

そんな人たちを傍目に見ながら、私にもできるだろうかと考えが止まる。

新聞の折込求人に載っていた新聞配達のアルバイトが目にとまり、
月5万くらいの収入かと、自分の今の状況から想像してみる。

昼間の仕事を終え、早々に床に就き、
まだ夜が明けない暗いうちからバイクに乗って配達。
雨の日も、雪の日も、休むことなく。
朝、体を少し休めた後、昼間の仕事に出勤していく。

どちらか一つの仕事なら、私にもやり続ける気力体力はあるだろう。
けれど、2つともこなすのはムリだと、弱音が先につく。
稼いで生活しなければいけないという状況にあるのに、踏み出せない自分。

病気をせず若い活力に溢れていたら、それだけでどんなにか幸せだろう。

>小鉄さん
ここのところ、考える時間が長くなっていました。
すみません。
関連記事

Comment

小鉄@落ち気味。。。  

ツインズパパさん、こんにちは。

結婚されて、お子さんにも恵まれて、
あぁ、うらやましいなぁ。。。
なんて思っていたのですが、やはり、家庭を持つ
というのは大変なコトなのですね。。。
自分も今の収入のコトとか将来のコトとか考えると不安になりますが、
ツインズパパさんに比べれば、まだ軽い方なのかもしれません。
お仕事をかけもち、なんて、大変すぎです。
倒れてしまったら、余計に苦しいコトになります。
応援ぽち。

2009/11/12 (Thu) 10:42 | EDIT | REPLY |  

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/11/12 (Thu) 13:36 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest