ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

したたるぶどう。



ぶどうの皮をむく。

薄皮を一枚ずつはがしていくように、つまんで、ぷんっと押し出してやる。

果汁がはねる。

むいたぶどうの中から、親指で種を取り出す。

さあ、膝の上に座って待ち構えた3歳児の口に入れてあげる。

一房のぶどうに何粒あるんだろう、この山積みになった皮の量。

小さな口で、みんな平らげてしまった。

よく食べることはいいことだ。

ぶどうを食べさせてあげるとは手間のかかることだけど、
いつも買い物に行くと、ひとつお菓子を選ばせてあげることと似て、
自分が親にしてもらえなかった、あるいはしてほしかったことを
今、自分が親として子にしてあげてるような気がする。

よく食べることはいいことだ。
関連記事

Comment

みらこ  

こんにちは。
何だか光景が目に浮かびますね。
お子さんのうれしそうな顔も。
子供とじゃれあってる時には、
これがずっと続けばいいのになあといつも思ってしまいます。

2012/09/14 (Fri) 09:23 | EDIT | REPLY |  

ツインズパパ  

>みらこさん

こんばんはー^^
今は巨峰の季節ですね!
子どもが喜んで食べてくれるので、ついあげてしまいます。
おっしゃるように、子どもとの時間が大切なんでしょうけど、過ぎていく時間は速く、そこはかとかなく、いつの間にか休日の夜は過ぎていきます。涙

2012/09/15 (Sat) 01:02 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest