ツインズパパと祭りのあと。

鬱と育児と仕事の日々。

くそったれ専務のバカ息子に白旗をあげる。

sP3318663.jpg

彼は専務の次男坊で元銀行マン。

銀行マンから百貨店の販売員になるなんて、もったいないにもほどがあるけど、
28歳で辞めた理由は彼なりにあるのだろう。

専務の跡取りとして、家業を継ぐことになるだろうし、
それだったら異存はない。

こちらは、社長や専務になりたいわけではないので、
万年平社員でも子どもの養育費さえ稼げれば、感情を殺したロボットになって働こう。

私は中途採用で、145,000円の契約社員からスタートしたが、
彼は正社員のいきなり係長職からスタートだ。

お互いに切磋琢磨して、会社の業績を上げれればなんて理想論は、
私の感情的にまだまだ難しいけど、
いずれはそういう気持ちに転換できれば、私も肩の力が抜けるだろう。

まだ彼とは電話で挨拶だけ話したけど、落ち着いた声で、接客も受けがいいらしい。

彼は彼、自分は自分だ。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest