ツインズパパと祭りのあと。

Archive2012年06月 1/3

平穏な日常が戻る。昨日、FX止めました。

今日の朝、売り場に着いて、いつもの習慣でスマホをチェック。あぁ、もうチャートは気にしなくていいんだと思ってほっとした。60万の損切と、チャートの上下を気に病み、追証に追われる。仕事の憂さを晴らすつもりが、数十万の含み損が気になって、この数日、仕事どころじゃなくなってた。今はパソコンだけでなく、スマホでパパッと簡単にトレードができるので、ついチャートの値動きが気になり、仕事中も空き時間を見つけてはスマ...

  •  4
  •  0

ブルーベリー狩りに行ってきた。

車で40分ほどのブルーベリー農園に行ってきた。手のひらいっぱいにもぎって、ほおばって食べる甘酸っぱいブルーベリー。食べても食べても食べ飽きなかった。ブルーベリーのたい焼きとソフトクリームも意外においしかった。また行きたいな。帰り、(・∀・)カエル!!の神社に寄ったらしいけど、私は疲れて寝ていた。散髪して帰宅してまた寝てた。夕方、10日間のイタリアフランス新婚旅行から帰ってきたお義弟夫婦がお土産を持ってきてくれ...

  •  2
  •  0

フェアなのに閑古鳥が鳴いている。

毎年6月は100万の広告費をかけた上期の一大イベントがあったのだけど、広告の枠が取れず、というか申し込みが遅れて定員いっぱいでダメだった。仕方がないので、急きょ地域情報誌に20万の広告を打ったのだけど、来店者は1人だけ、閑古鳥が鳴いている。なんだか前も書いたような…ま、いいか。枠をとった代理店と、デザインや文面、色使いまで、入念に打ち合わせしたのに、出来上がった情報誌の広告は目立たない場所にあって、ただそ...

  •  0
  •  0

ジャガイモ掘りとおもちゃ潮時?

うちの実家は兼業農家。お米の田んぼも畑も持っているんだけど、今は米の土地は隣家に預けて作ってもらい、畑も自給自足みたいな趣味の菜園になってる。父親は40年の工場勤めです。で、芋掘り。子どもに楽しかろうと、ジジとババが誘ってくれていってきたみたい。初めての体験に、ぼっこぼっこと引き抜いて、じゃが芋を掘って遊べたみたいだけど、やはり幼児、興味は30分と持たず、「トイザらスにおもちゃ買いに行きたい!」を連呼...

  •  0
  •  0

3歳児の幼稚園。年少少クラス。

今、週2回午前中だけ預けている保育園とは別の、近隣で一番近い幼稚園に、年少少の2歳児クラスとして午前中2時間、週2回通い始めた。年少少だから、母親と初めて離れて集団生活をする6人くらいのクラスといった感じ。金額は、年間の前期と後期で1万円ずつ。今日は2回目。私も初めてお迎えに行ってみた。園舎は昔からあるらしく、施設としては古いものの、敷地がとても広くて、この地域では大きいほうの100人規模の幼稚園。教育方針...

  •  22
  •  0

妻が家出した。

メールの書置きを残して、妻と子が家を出て行った。これからどうなるんだろう。とりあえず、晩御飯は吉野家。これからどうしよう。...

  •  -
  •  -

深夜3:30

目が覚めた。眠れない。いつにも増しても、静かな夜だ。...

  •  -
  •  -

仕事から帰り、暗い部屋に電気をつける。

汗ばんだスーツを脱ぎ、風呂のスイッチを入れ、窓を開ける。風が通って、静かだ。猫に餌をあげて、風呂に入り、残り湯で洗濯機を回す。洗濯機を動かすのも独身時代以来かもしれない。食器洗い機に残った乾いた器を片付け、汚れた皿を入れてスイッチを押す。皆さんのコメント、おっしゃるとおりです。大事な家族をなくしてしまったら、もう取り返しがつきません。明日、朝一で病院の診察を受けたあと、菓子折り(妻の大好きなクッキ...

  •  -
  •  -

日が暮れるとさすがにまだ寒い。

ポロシャツ一枚じゃ風がひんやり冷たく凍えてくる。午前中、病院で2週間分の薬をもらい、お昼から妻の実家の玄関先で待って8時間。だれも帰って来ない。お尻が痛い。電話もメールもなしのつぶてで途方にくれてる。何時まで待てば会えるのだろう。温かい缶コーヒーでも飲みたくなって、近くの自販機を探したのだけど、冷たいものばかりで、結局、少し離れたコンビニでようやく見つけた。ケータイの電池がなくなってきた。21:30まで...

  •  -
  •  -

もう駄目かもしれない。交渉決裂。

仕事帰り、松屋で牛丼の並盛を食べ、なんて味気ない食事なんだろうと、毎日の食卓を懐かしむ。電車に乗って、妻の実家へ行った。玄関先で、風呂上がりの妻と話した。いつ戻ってきてくれるのかとたずねたら、彼女はいろいろと条件があるという。今の自分を信頼してもらえないのなら、それは仕方がない。自分にうそをついて何とでも約束して、夫婦関係をとり戻しても、それは偽善でしかない。いつまでも続かないだろう。離婚するなん...

  •  -
  •  -