ツインズパパと祭りのあと。

Archive2018年01月 1/1

通夜、葬式。そして新年。

No image

新年が明けた。数年ぶりに実家でなく自宅だ。大晦日の夜にお寺から帰宅。祖父に大正、昭和、平成、新年号と4つの時代を生きてほしかったけど、それはかなわなかった。4歳ツインズにランドセルを買ってあげなければと言っていたと、祖父の友人方が弔問で教えてくれた。病気や老衰でないのが祖父らしいのかな。祖父の臨終に間に合い、火葬までの4日間、そばで過ごせたので悔いはない。8歳長男も初めて人の死を送り出した。私の中では...

  •  0
  •  -

お正月も終わり。

No image

3日は休みをとり実家へ。初七日でお寺さんが来てくれて、そのあと祖父の事故現場を見に行った。知らせてくれた方にお礼を伝えたかったけど、そこは建築会社の資材置き場で誰もおらず。来てくれた母方のおじさん宅にその後お邪魔して、東京から帰省した従兄弟やおばさん方に挨拶。子どもたちも凧を作ったり、和ごまを回したり、お年玉ももらって楽しかったみたい。従兄弟は転職して、奥さんが妊娠4ヶ月。帰宅は夜になり、思ったほど...

  •  0
  •  -

朝が起きられない。

また朝が起きられない毎日。仕事がしんどくてね。人が辞めていくのに危機感のない上層部に対する無力感が一番しんどい。辞めないように待遇や給与で手当てしないと。来店者数は過去最高、売上は過去2番目になりそうな中で何とか崩れずに店舗が回っているのは、ある意味奇跡だ。だからこそ破綻しないと上は気づかないのだろう。写真は先日の休みに出かけた国立公園。ほぼほぼサイクリングを2時間したようなもので、ツインズの補助輪...

  •  2
  •  -

鉱石展と友人との15年ぶりの邂逅。

ツインズは紫水晶の原石に入り、ママは前日の夜に足を挫いて歩けず。8歳長男は隕石やオイル水晶を買ってご満悦。鉱石展に行く前に友人と15年ぶりに会って話せた。80代の親の介護と公務員の奥さんが2人目の出産と同時に実家へ帰ってしまい、2歳と1歳の子どもたちに会えない彼。1年以上仕事が決まらないことが奥さんにとっての一番の悩みだったのだろう。2時間半かけて高速を帰り、妻が歩けないので料理もできず、子どもたちにはとり...

  •  0
  •  -

3人とも順番にインフル発症。

No image

長男がインフルBに罹患して40度の高熱。2日後にはツインズ次男に感染。予定していた義父の誕生会を急遽LINEビデオ越しにお祝いした。大活躍の医療用使い捨てゴム手袋を活用し、飛沫感染を避けて、盛大に嘔吐する物質を慎重に片付けていた。風呂も歯磨きも手袋をして。4日後、私も筋肉痛と険しい怠さに発熱。内科の検査で陰性。咳は出るものの一安心。私が子どもたちを見るから、缶詰めのママに映画でも息抜きをと計画していたら、...

  •  0
  •  -

窓の外に雪が舞う。サンマが食べたい。

No image

朝、幼稚園行きたくない病のツインズ二男に『目黒のサンマ』を読んであげたら、晩御飯は脂の乗ったサンマがいいね~夜の温泉に入って星空を見上げたいね~と、マスク越しに意見が一致した。ママが以前望んでいたらしい(あまり覚えてないけど)林間学校の廃校に泊まって五右衛門風呂に入るプランを実行しておけばよかった。昨日から子どもたちが小学校と幼稚園に登校再開していますが、今度は私がインフルエンザBに罹患して、今日か...

  •  2
  •  -