ツインズパパと祭りのあと。

Archive2018年12月 1/1

眠れない。近視眼的な自己感情。

No image

会社での怒りの感情が渦巻く。子供たちを寝かしつけて、夢うつつの中、何度も繰り返す昼間の記憶。我慢するか爆発するか、0か1かで、負の感情の処理がへたくそな私。帰宅する電車の中でもリピートし、子どもたちや妻と話していても、八つ当たりしないように、しないように、冷静になれと念じていた。何度も目が覚めるので、ちょっと書き出し。上司に対する怒りの感情。どうしてなのかと議論をして、感情的に、もういい!と途中放...

  •  2
  •  -

5歳二男からの手紙。

実は前回の記事の数日前に、妻と久しぶりに大喧嘩。その翌日のこと。幼稚園から帰宅した二男が、スタンプで書いた手紙と自分で探したクローバーを添えてパパに手紙をくれた。一緒に映っている毛糸のポーチは、モンテッソーリのお仕事作品。数日かかって作ったらしい。翌々日、ママに持って帰ってきたそうな。喧嘩するパパとママに、二男なりに何かを伝えたかったのだろうと二人で話した。...

  •  2
  •  -

祖父の一周忌。

No image

先日、親戚一同が実家に集まり、一周忌法要があった。祖父の死を目の当たりにして、死にたくないと泣いていた二男も、1年が経って死の恐怖に混乱することはほぼなくなった。叔父は来年に帰国するので、そのときに遺産相続の印鑑を押して手続きが終わるらしい。叔母と地方経済衰退の話になったけど、日本の未来に対する意識のズレが大きい。高度成長期の団塊世代と氷河期世代はちがうからね、仕方ない。法事中、幼稚園児と比べた3年...

  •  0
  •  -

三男の療育相談と親育て。

No image

三男の療育相談に参加していると、子どもを療育するという意味合いもあるが、方法論的な親育ての意味合いも大きいのだろうとと思う。口頭指示が通りづらいのであれば、絵カードを使った視覚情報を合わせると格段に理解しやすく疎通が図れるとか、トランポリン等を活用した衝動性の受け流し方とか、実際に目の前で子どもたちの活動と変化を見せてくれる。能力的に出来た、出来なかったではなく。先日、トイザらスに室内トランポリン...

  •  0
  •  -

クリスマス。

一昨日は義実家で恒例のクリスマス会の予定であったが、前日に義母がインフルエンザ。ウチの妻と義弟が、毎日仕事の行き帰りや夜に差し入れと様子確認に行く。クリスマス会は急遽、義弟宅で催したが、帰宅した後に義母に電話をかけ、義実家におでんを買って行く。子どもたちは義母からのプレゼントももらった。幸い義父には感染しなかったものの、義父の介護は継続して38度の義母がせざるを得なかった。イブの今晩は子どもたちの就...

  •  0
  •  -

クリスマスの朝、三男に泣かれた。

朝起きて枕元にあったクリスマスプレゼント。三男には彼の得意な自転車を置いておいたら、3DSが欲しかった!と布団に逆戻りして泣き崩れた。長男が必死にフォローしてくれたけど。笑三男にゲームを与えてしまうと他の兄弟とは比較にならないくらい、嵌まりすぎて自制が効かなくなるのが目に見えているので、それだけはしばらくはお預け。お昼からは、仕事が半ドンのママも乗せて、スケートリンクへ。ほぼ初めての5歳のツインズも意...

  •  2
  •  -