妻と一悶着あったけど、保育参観。

今日は午前中いっぱい、長男の保育参観に行ってきた。

行く前に妻と一悶着あった。
試験が間近で勉強したいという私と、せっかくの保育参観なんだから行く、
つまりツインズを連れてなのでパパにも来てもらわないと見に行けないという妻。
頑なに言い張る妻に私が折れて、せっかくだから行ってみるかと、幼稚園に。

うちの幼稚園は、縦割りのモンテッソーリ教育だから、
同じクラスの年中さん、年長さんと一緒に過ごす10時までの時間と、
横割りの同年齢の年少さんだけで活動するそれ以外の時間とで分けてある。

モンテッソーリ教育とはいろいろな教具を使った…と、
専門的に書けば長くなるので割愛w

ちなみに、長男は今日はフェルトの布に、ボタンを針と糸を使って縫い合わせ、
最後に球止めまで先生に教わってやり遂げたみたい。

10時からクラスのみんなでお集まりをしたあと、
年長は絵の具を使ったお絵かきを別教室で、
年中は2階のホールで縄跳びを使った体操教室、
年少は外遊びだった。

30分ほど外で遊んだあと、2階ホールに集まり、年少だけの体操教室。
鉄棒にブランとぶら下がって、足と体を持ち上げて一回転。

鉄棒自体を怖がって参加しない子もいたけど、
体育会系の熱血お兄さん先生についていけない子もちらほら。笑

保育を見ていると、あーすればいいのに、ここは座らせて落ち着かせなきゃなんて、
元保育者の目線になっちゃうから、いかんのだよねー。

終わったあと、また制服に着替えて外遊び。

年少は基本的な生活ルールと様式を覚えるのが保育の基本だから、
着替え一つとっても、ボタンが止めれなかったり、畳んで仕舞うのに時間がかかったり、
襟がまがっているのを先生が直すんじゃなくって、鏡を見てごらんと促されたり。

ふだんの生活態度は、幼稚園で習ってるんだなーと実感した一日でした。
ツインズパパ
Posted byツインズパパ

Comments 4

There are no comments yet.

陸奥の防人  

保育参観=教官というところが

保育参観では、先生と同じ格好をして教官をしなければならない保育園があります。一日教官は、自分が得意な分野の教務ができます。
教務といえど担任はおり、一日教官は、要領が悪くて遅れ気味なイタイ子を助ける助教をするような感じです。

2013/11/06 (Wed) 22:43

ツインズパパ  

>陸奥の防人さん

へぇ、教官というか補助ですかね、初耳でした。
月齢が遅い子は、早い子と比べて、かなり発達のちがいがありますから、補助してあげながら、保育参観するのもいいのかもしれませんね。
いつもながら陸奥の防人さんは博識だ。(´∀`)

2013/11/07 (Thu) 06:42

夢見るよめちゃん  

No title

こんにちは!幼稚園ってそういうことをするのですね!私は幼稚園だったんですが、そういうのほとんど覚えてなくて(笑)
鼓笛隊やったりお遊戯みたいなのは覚えてるんですけどね!
それにしても針と糸使ったりするんですねーびっくり☆ちゃんと出来たのもスゴいですね♪
旦那が元幼稚園などの体育の先生だったんですよ☆いろんな子がいる中見るの大変だろうなぁ。
あとツインズちゃんの成長嬉しいですね!お兄ちゃんはお兄ちゃんのペースでもすくすくと健康に育ってくれるといいですね\(^-^)/

2013/11/07 (Thu) 16:37

ツインズパパ  

>夢見るよめちゃんさん

こんばんは!
旦那様は元体育のお兄さん先生ですか!?
オーヽ〔゚Д゚〕丿 ハイスゴイスゴイー。
跳び箱とか鉄棒とか得意なんだろうなー笑
ちなみに、幼稚園や保育園の幼児教育は、義務教育の小学校とちがって、園の教育方針によって、やり方がすごく様々です。
泥んこ保育のさくらさくらんぼ保育とか、
リズム運動のリトミック保育とか、
縦割り保育のモンテッソーリ教育とか。
それにしても旦那様、もしかしてすごくできるイケメン??!!

2013/11/09 (Sat) 00:34

Leave a reply