生活発表会と、けいれんで緊急入院。

sPC140343.jpg

今日は朝から、幼稚園の生活発表会。

カトリックなので、クリスマス発表会であり、キリスト教の劇中心。

年少がしあわせなケーキで、
年中が世界の始まり(モーゼのエジプト脱出からノアの箱舟まで)
年長が生誕(イエス生誕)まで。

うちの長男は年少で、カエルさんの役を張り切ってやっていた。
途中で間違えてわからなくなり泣きそうになってたけどw

午後から義父のマンションへ訪ねて行こうとしていたら、
義母さんから電話が。

昨日の深夜、義父はベッドで嘔吐し、けいれんし始めたので、
救急車で大学病院へ運ばれたそうな。

そしてそのまま緊急入院。

一睡もできなかった義母は、心配させまいと連絡しなかったとのこと。

今からゆっくり寝るからと言って、電話を切った。

とりあえずは24時間看護の病院内だから、一安心。
というか、治療しても現状維持が精いっぱいで良くなることはないんだろうなーと、
悲しい気持ちだ。

義母さんも相当心労がたまってるみたい。
ツインズパパ
Posted byツインズパパ

Comments 5

There are no comments yet.

陸奥の防人  

新約聖書のストーリーは

旧約聖書の一見有り得ない現象は、全て実話のようです。大潮の日に強風が吹くと、出エジプト記の現象は実現するようですし、キリストも実在の人物です。
新約聖書ストーリーの大半は酒盛りの話で、男が集まれば今も昔も酒盛りが始まることに変わりありません。キリストが布教した実質3年間は、毎日のように酒盛りが行われていたと考えられます。

2013/12/14 (Sat) 21:42

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/12/15 (Sun) 00:03

ツインズパパ  

コメントありがとうございます。

>陸奥の防人さん
実話らしいですね。
子どもたちの劇でも、モーゼの海を割るシーンがありましたけど、実際に、大潮の日に強風が吹いてだったんですね。なるほど!
キリスト教は酒盛りですか!呑んべーにはたまらない時代だったのかもw
>鍵コメさん
わざわざコメントありがとうございます。皆さんのコメントに励まされ学ばされ、前向きな気持ちになれます。
長男のかえるさん、かわいかったですよ!←親ばかw
間違えて泣きそうになりながらも、やり遂げたことを、大いにほめてあげました。

2013/12/15 (Sun) 11:01

陸奥の防人  

下戸の人いらっしゃいがイスラム教

キリスト教はワインを「キリストの血」と呼称して飲む酒豪向けの宗教ですから、この時代下戸の人には居辛い宗教だったでしょう。今も聖職者の中には、吐くまで飲む人がいます。
マホメットは自分で「最後の預言者」と名乗り、キリスト教から派生したイスラム教を作りました。禁酒の規則は、下戸の人の強いニーズから生まれたのかもしれません。

2013/12/15 (Sun) 12:54

ツインズパパ  

>陸奥の防人さん

イスラム教は下戸の人が作ったともいえる?!
新説ですね、おもしろいw
それにしても、ワインが血だなんて、キリスト教は酒豪向けの宗教だったんですね…おそろしやw

2013/12/15 (Sun) 22:47

Leave a reply