専務の息子と、管理職はイヤ。

店舗の応援に来てくれた専務の息子といろいろ話せた。
彼の役職は2つ上の管理職だけど、職務経験は私が先輩。
結構、彼も気を使ってくれているようなというか、
もしかしたらちょっと見透かされている?変な感じ。

彼の所属する売り場の店長からは、
現場の技術を指導してあげてなんて言われていたけど、
そつなくこなす器用さとお客様扱いの上手さがあるので、
私から指導なんて全くいらない。

彼の出身の銀行業界の55歳定年とか自衛隊の53歳定年、
それにともなう再就職先が見つからなくて住宅ローンが払えなくなる現実とか、
建設業界の局所的なミニバブルと、杭打ち問題でのこれからの業界全体の不況とか、
当然金回りが悪くなれば建設業も銀行も小売業も百貨店も、
消費税増税のタイミングもあり、今後の見通しは暗い。
うちの会社の赤字の問題、帳簿が2つあること、ただ経営的に無借金との話には驚いたけど。
3期連続赤字だと銀行も貸してくれないからね。

取引先企業の選別をどうするかとか、店舗の新規出店や
ジリ貧の赤字店舗をライバル百貨店への中に入れてもらうべきだとか、
本社機能の移転、管理職の定年が5年後以降に集中しているので、中間管理職を今から育てられるか?
あと2人の管理職を作って、各地の店舗運営をもっと密にできたとして、
その給与をペイできるか?とか。
彼的には正社員募集や契約社員でも正社員登用ありとしたいし、
現場のモチベーション維持のためにもボーナスを出して、
営業所ごとの成績次第にしたいとか、いろいろ考えて進言はしているけど、
専務(父親)の頭が固いとか。
人が足りない営業所の募集のことで、今の店長さんとの兼ね合いで
彼なりの年齢的な条件とか性格とか都合のいい要件をいろいろ列挙していたので、
うちの給与では人材を選別できるほど人は来ないですよと言ったら苦笑い。

彼が入社すると決まった3年前は私も鬱がひどくて自信がなく、
まだまだそれなりの上昇志向(野心めいたもの)もあったので、
勝手に戦々恐々としたり、私は必要ないのか?とショックを受けたり、
とにかく手前勝手に何も話せないくらいの精神状態だったのだけど、
今は会社の管理職になるなんて、
ストレスと忙しさでむしろ病気になるだろうことがすぐに予測できるので、なりたくもない。
たくさんのスタッフをやる気にさせる指導や運営、
お店に行きたくなる広告のキャッチコピーやデザインを作るのは本当に難しい。
数年間のうつ状態の頃と比べると、今は仕事にも集中できるようになったので自信も戻り、
なので落ち着いて第3者的に話せている。
不思議なものだ。

体調的には途中で意識が遠のきそうなつらさがあって、
ちょっと休憩になんて言えなくて、ヒヤヒヤきつかったけどね。
ツインズパパ
Posted byツインズパパ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply