遊びの乖離と成長。



久しぶりに歴史公園へ。

まずは参加を渋るツインズ三男をなだめすかして染色体験。
藍の葉っぱを間に挟んで、叩いた汁で染色する簡単なもの。
やり始めたら三男でも出来て楽しめるけど、
何事も苦手意識の強い本人には、
チャレンジ意欲と最後までやり切る力が大いなる課題。

他にも組紐や機織り体験もあって、次回の楽しみが増えた。

ただ今回強く感じたのは、
今後、4年生長男を一緒に連れて行くのは難しいかもということ。
土笛を作ったり、火起こししたり、体験イベントは楽しいが、
大型トランポリンやアスレチック遊具で遊ぶことはすでに興味を失っていた。

資料館の土葬甕棺や環濠の成り立ちを話す方が、まだ本人の興味を引いていたくらい。

3年生まではキラキラした目で走り回っていた遊びが、
たった1年で隔絶の感あり。

15時からは仕事を終えた妻を拾って、義父のお見舞い。
長男のこと、義父のこと、また書きます。
ツインズパパ
Posted byツインズパパ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply