サッカー勝ててよかった。胃腸科とカウンセリング。

テレビは普段全く見ないし、
義父さんが見ていても、帰ったあとはすぐに電源を消してしまう。
音と映像が頭にちらついて嫌なのだ。

でも、昨晩は珍しく自分からテレビのスイッチを入れて、
代表戦のサッカー観戦。
カメールーンに勝利で、奇跡の勝利とまでは言えなくても、
運が良かった。

その後1時に就寝して、起床したのは13時。
窓を見ると、ようやく雨らしい雨が降っていて、梅雨入りを感じる。

ぼーっとした頭で、食欲もわかず、とりあえず麦茶だけ飲んだら、
うっとおしい前髪をなんとかしようと、歩いて美容室へ。

その後、胃腸科のクリニックに足を運び、直腸の内視鏡検査。
肛門近くにやや炎症が残るものの、寛解期に入ったとのこと。
薬もぐっと減り、一日1回の座薬のみになった。

この潰瘍性大腸炎は特定疾患医療に指定されていて、
診察代が月の限度額3千円くらいまでで、薬代は無料なんだけど、
大事な受給者証をなくしたらしく、探してもない。
だから、ホントは1万5千円くらいかかったてもおかしくなかった。
受付の女性には、忘れました、とごまかして通した。

帰りに保健所にぎりぎり間に合い、再発行の手続きを済ます。

1日食事をしていなかったのでラーメンを食べて帰る。

帰宅するともう18時すぎ。
麺が胃にもたれて、22時まで寝てしまう。
起きても、頭が痛いし、薬を飲んで布団に入っても眠れず、
今は午前1時、ブログなんぞ更新しております。
マイスリーをもう2錠飲んで寝てみよう。

ここ2,3日はずっと、
頭の隅にカウンセリングの今後のことが引っかかってる。
なんだかんだで、結局カウンセラーに見捨てられるんじゃないか
(見捨てられたくない)と、ボーダーみたいな思考が下りてきて、
でも少し冷静に考えると、
カウンセリングがないと生きていけないわけじゃないので
辞める潮時なのかもとも思うし、されど奥さんは続けて欲しいというので、
別のカウンセラーに交代をお願いしようかとも考える。
でも、今までの3年近い経過とカウンセラーの努力を、
先日の1回だけの不快な対応で無にしてしまう気持ちが嫌で、
そこにためらいもあり迷っているところです。
ツインズパパ
Posted byツインズパパ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply