私の経歴その2。社会人(就職)になってから。



経歴その1はカテゴリの「はじめに」にあります。
ブログを始めた初期に上げたかったプロフィールですが、
2年以上たった今頃、ようやく書けました。
次回までお付き合いください。

【29歳、正規職員として保育園就職、結婚】
社会人経験のある新人として、同期の9人のなかでも非常に期待されて入った。
でも、実態はひきこもりの過去のことを話せるわけではなく、
初めて仕事をする短大卒の新人と変わらない力量だった。

入ってすぐ、何かのきっかけで副主任から徹底的に嫌われるようになり、
事あるごとにつらく当られた。大事な担当業務も話が通らなくなり、
仕方なく主任から遠まわしに言ってもらって成立するていらくだった。
精神的に参ってしまい、帰宅しても何もできずに寝込む状態で、
毎日の日誌がたまり、ピアノの練習もできず、追い詰められていった。

1年目から園の顔となる年長組に入れられ、2年目には年長のリーダーとして、
まだ自分のこともろくにできないのに新人のパートナーまでがついて、
ついにギブアップ、精神科に駆け込み、診断書をもらって休職した。

ちなみに独り暮らしと仕事の辛さを助けてもらいたくもあったのか、
社会人2年目に交際していた彼女と結婚した。

【31歳夏、8ヶ月間の休職】
毎日が寝たきり、起きていてもイライラと焦燥感で妻に当たってばかりいた。
早く治したいと、鬱病専門の精神科病棟に3カ月の予定で入院する。
しかし、イライラと焦燥感は治まらず、
ある事件をきっかけに1ヶ月で自己退院してしまった。
車の運転も非常に荒くなり、お盆休みには追突事故を起こす。
(入院先の主治医にはこのことから境界性人格障害との診断を受けたが、
もう5年になる今の主治医からは適応障害だといわれている。)

つづく。
ツインズパパ
Posted byツインズパパ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply