仕事と生計



遅くして社会人になった私は、
仕事=やりがい、としか受け止めきれていなかった。
それは、仕事=自分の価値、
ひいては、ある意味の社会的ステータスを求めていたのかも、
浅はかにも私はね。

だから、仕事はシゴトと割り切ってしまえるようになろうと
考えていたのだけど、
それは仕事への情熱をも奪うことになってしまって、
いま苦しんでいる。

30代に求められるのは、与えられた仕事をこなすだけでなく、
そこを底から全体からマネジメントする力。
何も知らないまわりは、当然、そこを求めるし、できれば自分もそうありたい。
でもホントは、正味4年目の社会人。
一足飛びに経験なくして出来るわけでなく、
自分のキャパを超えてへとへとに。

まわりと自分自身も求める理想と現実。
価値観と給料の落差に
いま苦しんでいる。
ツインズパパ
Posted byツインズパパ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply