平穏な日常が戻る。昨日、FX止めました。



今日の朝、売り場に着いて、いつもの習慣でスマホをチェック。
あぁ、もうチャートは気にしなくていいんだと思ってほっとした。

60万の損切と、チャートの上下を気に病み、追証に追われる。
仕事の憂さを晴らすつもりが、数十万の含み損が気になって、
この数日、仕事どころじゃなくなってた。

今はパソコンだけでなく、スマホでパパッと簡単にトレードができるので、
ついチャートの値動きが気になり、
仕事中も空き時間を見つけてはスマホをチェックしていた。

FX再開と書いた前回の記事の夜、短時間のうちに、チャートの値動きに順張りし、
3万、4万と決裁を続けて、20万まで簡単に儲けたのが
悪夢の始まりだったのかもしれない。

その晩の深夜から早朝にかけて、
時々目が覚めては10万、10万と損切をして、儲けを掃出し、
ユーロ相場は急激に円高に傾いて、
たまたま買いで張っていた私のポジションはどんどんと含み損を抱え、
確か仕事の休憩中だったと思うけど、10万まで膨らんだ今損切するかで悩んで、
少し戻るだろうと、様子見をして夕方、含み損は60万まで膨らんでいた。

結局、昨日の早朝、60万を損切りして、仕事の合間を見てちょこちょことトレード。
何とか損失を取り戻そうという気持ちと、
トレードとチャートのチェックに追われ追われて、
結局、疲れ果てた。

コツコツ型っていうのは、結局どうするんだろう?
スマホでチャートが見られる限り、心の休まる時間はありませんでした。

現在もユーロ/円は最高値を更新中です。
大船に乗ったつもりで、売りにドンと賭けられる人は
数十、数百万と儲けているのでしょう。
小心者の私は、どこで買いに反転するか読めないので、
下がりの奔流に乗って儲けることはムリでした。

FXでは松井証券のものと含めて総計120万円ほどの損失で撤退です。
まだ、もうひと踏ん張りして、負けを取り戻したい気持ちもないわけではないのですが、
もうこれ以上家族のお金をすって、家族を素寒貧にするわけにはいかないので、
これでおしまいにします。

毎日の仕事にやりがいを見いだせないのは不幸ですが、何気ない家族との会話、
今日の保育園での様子を聞いたりしてたら、チャートの流れから日常に戻れました。

子どもの成長と、読書や休日の行楽、
贔屓の野球チームの勝ち負けに生きがいを見出していかなきゃね。

でも、いつか宝くじでも当たったら、1000万賭けてトレードしてみたいですね!
ツインズパパ
Posted byツインズパパ

Comments 4

There are no comments yet.

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/06/02 (Sat) 00:48

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/06/02 (Sat) 09:28

写真家 miroku  

ギャンブルで、勝てる人種は、引き際が解っている人、といいます。
その判断は正しいと、思います。
数字を見るより、子供の笑顔、伴侶の笑顔を、見て、絶やさないように、努力した方が、健康的だと思います。

2012/06/02 (Sat) 20:10

ツインズパパ  

コメントありがとうございます。

>鍵コメ1さん
うーん恥ずかしいような、そんなにいい写真じゃないですよ。
講演は20代のころ、頼まれて、2回ほどドキドキしながら話した経験があります。今はムリですね。(*´Д`)
>鍵コメ2さん
なんだか苦しそうでお辛そうですね。
株って、持った人を苦しめるのかも…。
>写真家 mirokuさん
写真家ってだれ、と思ったら風さんじゃないですかw
名前変えすぎ。
引き際はちょっと遅すぎたかもしれません。

2012/06/02 (Sat) 23:54

Leave a reply