海外ドラマ「HEROES」シーズン1



蔦屋で毎度100円レンタルにて、
海外ドラマ「ヒーローズ」シーズン1を借りている。
第6話目くらいからようやく面白くなり、ハマって見ている。

見る前は、SFものはともかくとしても、
超能力ものはなんだか作りすぎのB級ドラマのようでばかばかしく思え、
一歩引いてタイトルだけ話題として聞いていたのだけど、
(キングの「キャリー」や「デッドゾーン」などの小説は昔よく読んだ。)
実際、見てみるとホラーやサスペンスも交えて、超能力ばかりを強調しすぎず、
人物構成やプロットも巧みで面白く描いている。

これまでも海外ドラマは「24」、「ロスト」、
「デスパレートな妻たち」等を見てきた。
「ロスト」はシーズン2で話の展開についていけなくなって放棄したけど。

DVDは娯楽、楽しみではあるが、見ること自体に集中力がいるわけで、
自分の体調次第で見れたり、全く見れなかったりとまちまちな状態。

だから、最近、ある程度見れているのは、体調(抑うつ)が良いサインかな。

>小鉄さん
私も正社員になりたいです。
でも、なれたら昇給やボーナスがあるわけでなく、
今とほとんど変わらない事がわかってしまっているので、
未来に希望が持てない状況です。

ホンネは転職して、もっと生活できるように稼ぎたい。
でも今のこの不況の世の中、よい就職先が簡単に見つかるわけでもなく、
むしろ仕事があって、細々とでも食っていけているだけ恵まれているともいえる。

ダメな自分を変えたいと思うのは、向上心とも思えますが、
やっぱり自分に自信が持てない現れとも思えます。

変わるには、将来の為にいかに今努力できるか。
わかってはいるのだけど…。
ツインズパパ
Posted byツインズパパ

Comments 1

There are no comments yet.

小鉄  

ツインズパパさん、こんにちは。

「HEROES」、チョコっとだけ見たコトあります。
確かに面白そうですね。
でも、「面白そう」と思っても、レンタル屋さんには足がむかいません。
やっぱ、エネルギーが不足してるんですね。
音楽もまるっきり聴いてないんです。
若い人を取り巻く雇用状況はヒドい有様ですね。
ツインズパパさんのように、小さなお子さんがおられるような家庭こそ
一番安定してないといけないのに。。。
負けないでくださいな。
応援ぽち。

2009/11/07 (Sat) 06:37

Leave a reply