>匿名さん、消費税アップ反論のコメント大歓迎です。

デフレスパイラルと消費税のお話↓
http://siawaseninarou.blog.so-net.ne.jp/2012-01-20
デフレと消費税で検索かけてみたら、こんな論文もありました。

おっしゃるように時期がまだ早い、
あるいは悪いのであればいつなら良いのでしょう。

日本経済の状況は緩やかな回復基調などと言われてますが、
ここ何年かの小売りの現場からすると悪い状況がずっと続いていて、
へたをすると、これ以上良くなることはないんじゃないかなんて、
感覚的に感じます。

欧州危機、ギリシャやスペイン債の問題が治まった後だとすると、
それはなおさら、一気に日本の財政危機が注目されて、
投機的状況になるとも思えます。

本来、自公政権時代の平成21年4月から予定していた
年金の国庫負担を1/2まで増やす事案ですが、財源の確保等で目処が立たず、
埋蔵金を使うなどとまやかしを言いながら
平成24年6月の現在でも先送りされています。

だからこそ、遅かれ早かれいずれは、増税は避けては通れません。
震災直後は復興税に賛成の人は8割を超えていましたが、
のど元過ぎれば熱さ忘れる日本人の特性からすると、
今だったら所得税の増税でも反対が大半でしょう。

デフレの脱却という、経済の復興ができてからというご意見はわかりますが、
今は世界から注目されずにすんでいる日本の財政問題が、
国債の格下げ等、いつ風向きが変わるかわからない大変な危機的状況では、
早く消費増税をして財政を少しでも立て直すんだというシグナルを
世界に向けて発しないと、
日本の景気だけをみるという狭い視点だけでは難しいと思います。
ツインズパパ
Posted byツインズパパ

Comments 3

There are no comments yet.

ゆず  

日本の一番の収入は何だか知ってますか?
国債です。
すぐに売り切れてしまうそうです。
消費税なんて収入の数%にしか満たないそうです。
その消費税を上げても果たして効果はあるのだろうか?
麻生政権の時にバラマキやりましたね。
定額給付金。
あれで国内総生産が2%も上がったらしいです。
今やらないといけない事は何か?
それは麻生政権の時のように定額給付金をバラまく事だと思います。
まぁ,消費税は遅かれ早かれ増税されるでしょうけど・・・。

2012/07/03 (Tue) 06:47

まーるまー  

わたしは今は早い、と言うより順番が違うと思っています。
自分のブログにも書きましたが、まるで進まない行政改革、
消費税と一体のはずなのに、進まない社会福祉関連と議員削減などの身を切る改革。
これらを棚上げにして消費税だけ先行。
衆議院を通過したことによって、参議院では野党の攻勢も始まるでしょう。
会期延長した国会は、またしても政治ではなく政局のためだけの場になりそうです。
減らすはずの公共事業もいろいろ復活しています。
野党も公共事業を増やし、そのための赤字国債発行を
法案として提出しようとしています。
まずは財政赤字の根源の見直しと、福祉関連の法案を通す、
それを終えて初めて議論するべきことだと思います。

2012/07/03 (Tue) 12:35

ツインズパパ  

コメントありがとうございます。

>ゆずさん
赤字国債の残高1000兆円からすると、正直言うと、おっしゃるように5,6兆円の消費税の増税では、焼け石に水です。
ただ、すぐに売り切れていた国債も、最近はリスク管理から(いつか日本が破産した時に備え損害が少なくなるように)銀行は10年物の長期国債から1年物の短期国債へ買い替えを行っていて、長期国債は入札が成立しなくなってきた(売れなくなってきた)現実があり、日銀も景気対策に国債買い入れを行おうかという話まであります。
定額給付金の財源は、赤字国債です。
橋本政権当時のようにばら撒けば、一時的には景気を押し上げる効果があるでしょうけど、結局は借金ですから、いずれ返さなければいけないですし、その担保(消費増税)を示さなければ、市場は納得しません。
景気回復は、簡単にはいけませんね。
>まーるまーさん
おっしゃることはまさに正論です。
自分たちの身を切る努力をしてからだというご意見はよく耳にします。
しかし、ものにはタイミングというものがあります。
今、自公も賛成してくれるこのタイミングでないと、いろいろと他の懸案事項(行政改革や幼保園とか、選挙制度改革を伴う1票の格差とか)を棚上げにしてでも、まずは消費税を上げる筋道をつけておかないと、
消費税を上げるその前に選挙を行って信を問えと、今回のチャンスを先送りにしてしまうと、近く行われるであろう選挙時に民主党や自民党などがマニフェストで増税を掲げることは難しくなり、選挙目当ての国民受けのいい議論ばかりで、さらに増税は先送りされ、借金は増え続けるでしょう。
公務員の給与改革や、天下り問題、私は参議院廃止にも踏み込むべきかとも思いますが、できればそこは次回の選挙に譲って、1000兆円の待ったなしの借金の前では、一刻も早く増税のシグナルを出すべきだと思います。

2012/07/04 (Wed) 02:31

Leave a reply