マタニティーブルーが減り、妻の精神状態が安定してきた。

sP1016864.jpg

現在妻は妊娠18週目。

つわりもほぼ治まって、日々胎動が感じ始められたみたい。
マタニティーブルーが減り、妻の精神状態が安定してきたので、
子どもの情緒への影響とか、食事のこととか、落ち着いてきて非常に助かってる。

で、以前から出産の病院をどこにするのか決めなきゃいけなかったのだけど、
3つの候補のうち、
日本赤十字病院を調べてみたら、新生児のNICUのベット数が6と極端に少なく、
未熟児で生まれたら即転院なんてことも考えられる。
午前中電話したら、外来で忙しいから、午後に掛けてくださいとそっけなく返されたそうな。

次に聖マリア病院に電話してみたら、
自然分娩は状態により大丈夫ですよ、NICUを含めた周産期医療も充実してます、
面会も制限なしですと、まあ、たずねたことに簡単に答えてくれたらしい。
この病院、何年か前に、産婦人科のドクターが一気に4人退職して、
産婦人科とNICUが一時閉鎖になったらしいけど、
今はベット数40のうち常時20を使うまで回復したらしい。

で、最後に電車で30分バスで15分の○○○大学病院に電話したら、
応対してくれた看護婦さんがていねいで、こちらの状況まで詳しくたずねてくれて、
未熟児対応の周産期医療も充実してますから、安心してこられてくださいと、
好印象だったらしい。

なので、今のところ第一候補は○○○大学病院かな。
この大学病院ではお義弟夫婦がそろって働いているので
なにかと安心な点もある。
日本赤十字病院は論外。
交通の便からすると、聖マリア病院が一番楽なんだけね。
ツインズパパ
Posted byツインズパパ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply