カウンセリングと3分間診察。



カウンセラー曰く、
私の場合、過去の振り返りは見えない爆弾をさがす作業に似て、
触れて傷つくのをすごく恐れて、いつまでも手を出せないところで
立ちすくんでいる。

私も分かってはいるのだ。
何んとか前進せねば。

土曜日は、日常のギャップ、
ようは仕事をする(評価されるようにやみくもにがんばる)自分と
自宅では何もできない自分との落差について、とりあえず話した。

今のカウンセリングは本当に暗中模索。


そして主治医。彼はどこか飄々とした、馬のような変わった人。
患者も多いので診察時間も短い。
この主治医に、私の人格は治るのかと、堂々巡りの疑問をぶつけてみると、
治らないと一言。
治らないが自己愛のエネルギーを他者に置き換えることはできる、
仕事に打ち込むことであったり、家族を愛することであったり、といわれ、
それができないから悩んでいるんじゃないかと思うも口にできず。

意味不明に押し切られた感じで、消化不良。

もう少し早めに病院に行って、時間の余裕のあるときにたずねよう。

>小鉄さん
我が子は生後7ヶ月なので、離乳食(主におかゆ)は食べていますが、
さすがにまだラーメンは食べないですね。
うつを体験してない一般の方からのメールが来るとは、すごく大変でしょう。
知識では知っていても、体験的な共通項のない方との理解は
すごく難しいでしょうからね。
ツインズパパ
Posted byツインズパパ

Comments 1

There are no comments yet.

小鉄  

ツインズパパさん、こんにちは。

わたしは「不安神経症」なのですが、もう「治す」コトは考えていないんです。
いつの間にかあきらめちゃったみたいです。
うつうつしてるくらいでちょうどいいんだ・・・と思える自分は、
調子が良いのでしょうか・・・?
ぽち。

2009/11/30 (Mon) 07:03

Leave a reply