プールで泳げれば、ウツじゃないのか?

4年前、長男が生まれた当初、近くの町の市民プールに初めて行った。

大勢のスイマーを間近に眺めて泳げない自分は圧倒され、
子どもたちのキーキー声に頭が痛くなり、
プールの水にひたって、手足を動かすだけで、体中に乳酸があふれて、
ものの5分もせず疲れてしまった。

25mプールを足をつかずに1往復するだけでやっと。

プールは無理だと、あきらめてしばらく足が遠のいた記憶がある。

そして2年前の夏、2歳になった長男を遊ばせようとプールに連れて行って、
自分も泳いでみるかと、休み休みながらもがんばって200m泳いだのが始まりだった。

最初はプールで運動することに心理的抵抗感が強かったので、
自分的なご褒美として、終わったらパン屋によって帰る、
あるいは近くのスタバでのんびり1時間ほど過ごす、をめあてに休日の午前中通ってた。

このころはまだ、夕方、行くだけ行って、ちょっとだけでも泳いで、
休まなかったという既成事実で終わることも多かった。

それが1年たつと、400mを休みなく泳げるようになり、
ある日1000m足をつかずに泳げてた。

体重は一向に減らないものの、体力は確実について、今日も仕事だ憂鬱だという、
朝の億劫感が減ってきて、仕事中もきつくて休憩をとるという回数が減った。

運動はウツを治すものではないんだろうけど、
プールに行くことを義務と感じるだけでウツになるという過去からは
確実に変わってきている。

ウツの質、嗜好が変わってきたのかな。
まだ本は読めないし、テレビも見れないし、音にも敏感にうるさく感じるのはある。
何をするにも億劫で、えいこらっと気持ちを奮い立たせないと
第一歩が踏み出せない事実は変わらないからねー。
ツインズパパ
Posted byツインズパパ

Comments 2

There are no comments yet.

ゆず  

私もですよ~
未だに体調によってはですが,ヨガ行ったり行かなかったり。
ちょっと前の自分だったら考えられなかったことかな。
まず,人がダメ。
子どもがダメ。
キーキー声が幻聴になってしまい,つらい日々を過ごしてましたね。
今でも体調が悪いとダメだけどね^^;

2013/05/04 (Sat) 07:01

ツインズパパ。  

>ゆずさん
ヨガをがんばられてますよねー休んだっていいんです。
いけるときに参加できればね。
私も昔は人が大勢というのがだめで、吐き気がしてました。
子どものキーキー声は、誰しもが苦手なのかな?笑

2013/05/05 (Sun) 16:47

Leave a reply